文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

手軽な食材で2品献立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回も、簡単に作れる軟らかめの食事のご紹介です。

 私たちがふだん食べている食材の中にも、介護食の代わりになる軟らかめのものがあります。温めるだけでそのまま介護食になるものや、そのままでは無理でも、少し水分を含ませたり、電子レンジで長めに加熱するなど、少しの作業で軟らかくなるものもあります。

 今回のポイントは、メンチカツの衣を食べやすくするためにカレーの中に入れることと、ブロッコリーは水とともに電子レンジで長めに温めること。このひと手間で、食べやすい軟らかさになります。

 レトルトカレーの代わりにハヤシソースやシチューなど、メンチカツの代わりに白身魚のフライやミニオムレツなどでもおいしくできます。豆腐は温めてもおいしく食べられますが、加熱し過ぎると硬くなるため、注意が必要です。

 男性介護者にとってだけでなく、毎日の介護食作りをちょっぴりお休みしたいときにもお勧めです。

[作り方]

(1) 冷凍のブロッコリーは、ひたひたの水と一緒に耐熱容器に入れ、電子レンジ(500W)で5分加熱する(軟らかさが足りなければ加熱時間を追加する)。

(2) レトルトカレーは、包装の表示通りに温める。

(3) 冷凍のメンチカツは、包装の表示通りに温め、食べやすく切る。

(4) (1)(2)(3)を彩りよく盛り付ける。粉パセリをふる。

(5) 豆腐は食べやすい大きさに切り、キッチンペーパーなどで水気を切り、シソを敷いた器にのせる。その上に、ナメタケをかける。シソは飾りです。食べるときはずしましょう。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事