文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ごぼう先生のイス健康体操2.0

介護・シニア

セラピスト×ひきこもり支援『コネクトスポット』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 介護の「ご」、予防の「ぼう」で、ごぼう先生と申します。

 愛知県岡崎市に2019年9月に開所したコネクトスポット。

 ひきこもりや不登校、障害のある人などで生活に問題を抱えている当事者や、家族に向けた民間の相談・サポート施設です。

セラピスト×ひきこもり支援『コネクトスポット』

 「つまずき、孤独に悩む人々に寄り添っていきたい」と話すのは、NPO法人「コネクトスポット」の山下祐司理事長(32歳)。

 山下さんは、名古屋大学で作業療法士の国家資格を取得。卒業後は、精神科・心療内科の医院に作業療法士として6年間勤務しました。

 「病院に来る段階で、本人も家族も深刻な状態に陥っていることが多かった。地域に、もっと身近に相談できる場所、人がいれば、もう少し早く手を打てたのでは」と考え、2018年にNPO法人を設立。訪問サポートを開始しました。

作業療法士が、ひきこもり本人や家族の訪問サポート開始

 山下さんは、孤独に悩む方とカウンセリングや支援をする中で、ひきこもりの人は「自分が社会の中で一体、何ができるか分からない」と自己理解が未発達で、将来設計をするための意思決定ができない方が多いことが分かりました。

 それは、個人の“能力”がないわけではありません。

 不登校などで、他人と接する“機会”が圧倒的に少ないことが理由だと分かりました。

セラピスト×ひきこもり支援『コネクトスポット』

 学校に復学する、就職する。そういった段階の前に、「地域とつながるための居場所」の必要性を感じました。

 そこであえて、人通りのある場所に店舗を構えることにしました。

通所施設を商店街で開始

 コネクトスポットの施設には、バランスボールなどを設置して軽い運動ができるスペースや、コミュニケーションがとれるスペースがあります。

 ほかにも、一人で作業や勉強ができるスペースなどを設置しました。

【動画】引きこもり支援「NPO法人コネクトスポット」

 スタッフは、作業療法士、看護師、理学療法士、介護福祉士、キャリアコンサルタントなど6名。

 個性を表現したいという理由で、制服は着用しません。

 「気軽に相談できる、地域のひとつの居場所になればうれしい」と山下さん。

 障害福祉サービス「自立訓練」として、岡崎市から指定を受けているため、障害者手帳をお持ちの方や、精神科を受診されている方は、制度の対象となる可能性があります。

ひきこもり支援に大切なこと

 筆者は、施設を見学するまで、ひきこもりの方のための通所サービスが想像できませんでした。

 しかし、コネクトスポットのスタッフの方々とお話しすると、「誰か、何かが、少しずつ時間をかけて当てはまれば良い」というつながる姿勢(コネクト)を感じました。

 ひきこもりの方が、誰かひとりのセラピストと会話ができたらいい。

 どこかに自宅ではない居場所(スポット)ができればいい。

 どれも当てはまらないなら、創(つく)ればいい。

 今を知って、向き合って、そこから個人のタイミングとペースで地域に出るために寄り添う居場所が、コネクトスポットでした。

 ひきこもりの方々を受け入れる柔軟な環境は、医療や行政のサポートと違う、民間の魅力だと感じました。

 令和時代に必要なひとつのスポット(居場所)ではないでしょうか。

セラピスト×ひきこもり支援『コネクトスポット』

法人名NPO法人コネクトスポット
住所     愛知県岡崎市伝馬通二丁目49番地
電話番号   0564-73-6388
ホームページ https://npo.connect-spot.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190213-yanase-prof200

ごぼう先生=本名・簗瀬寛

 1985年7月23日、愛知県岡崎市生まれ。趣味はボクシング、読書、情報発信(SNS)など。 日本福祉大学卒業。大手鍼灸しんきゅう接骨院勤務を経て、2014年に株式会社GOBOUを設立。デイサービス「リハビリカフェ倶楽部」を岡崎市に開設する一方、全国各地の介護施設を中心に「大人のための体操のお兄さん」=ごぼう先生として健康体操の普及に努める。体操DVDを発売しているほか、テレビ出演など多数。

ごぼう先生のイス健康体操2.0の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事