文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

気象予報士ママの「健康注意報」

コラム

うっかり忘れた防寒対策、秋雨に濡れた服…子どもの低体温症に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 秋は夏の空気と冬の空気がせめぎあい、秋雨前線が形成されて、長雨となることがあります。また、高気圧と低気圧が交互に通過しやすく、周期的に雨が降りやすくなります。

 台風の影響をうけやすい時期でもあるため、東日本では、一年の中で梅雨時期よりも降水量が多くなることもあります。

ベビーカーの雨カバーを外したり、水たまりで遊んだり…

うっかり忘れた防寒対策、秋雨に濡れた服…子どもの低体温症に注意

提供・日本気象協会

 ご近所のママさんたちとも、よく天気予報の話になります。

 「今日、何時から雨が降るみたい」などの数時間先のことから、「週末、天気が崩れそうだね」というような1週間くらい先の話題まで、いろいろあります。運動会や発表会などのイベントがない時でも、雨が降るかどうかはとても話題になりやすいです。

 その理由は、「洗濯物が乾くだろうか」という心配もありますが、やはり「小さな子どもを雨で () らすわけにはいかない」というのが一番でしょう。

 大人だけなら、外出時に急な雨にあっても、近くの建物で雨宿りをしたり、手早く家に帰れたりしますが、子連れだと身動きがとりにくくなりますよね。近くに雨宿りできる場所があったとしても、乳児の授乳やおむつ交換ができないところかもしれません。子どもが歩き出すようになったなら、動き回って同じ場所にとどまるのは難しいこともあります。

 事前に 雨具の用意をしていても、子どもがベビーカーや自転車の雨カバーを嫌がって外してしまったり、好奇心旺盛に水たまりに入って遊んだりして、結局濡れてしまったこともあります。

雨で濡れたままの服…奪われる「気化熱」

 「雨に濡れると風邪をひきやすくなる」とよく言われていますよね。

 雨で濡れたままの服を着ていると、皮膚から熱が奪われてしまい、体温が下がってしまうことがあります。雨に濡れることで体が冷える時の大きな原因は、気化熱が奪われるからです。

 気化熱とは、液体が蒸発する時に周りから奪われる熱のことです。

 たとえば、注射をする前に皮膚をアルコールで消毒するとひんやり感じるのは、アルコールが蒸発して気化熱が奪われるからです。

 体が雨で濡れていると、雨水が体の熱を奪って蒸発するので体が冷えてしまいます。

乳幼児は、皮膚から熱が逃げて体温が低下しやすい

 人間の体温を調節する中枢は間脳の視床下部にあり、ここからの指令で体温が37度前後になるように設定されています。そして、人間は、気温などの変化に関係なくほぼ一定の体温を保つことができる「恒温動物」なので、一日のうちの体温の変化は約1度以内におさまるように調節されています。

 暑い時は汗を蒸発させることで気化熱を利用して、体温を下げるようにしています。寒い時は、末梢血管を収縮させて体熱の拡散が少なくなるようにしたり、筋肉を震わせて熱を発生させたりして体温を上げるようにしています。

 このような体温調節は、人間の持っているエネルギーの大半を使っていると言われているほど、とても重要な働きなのです。

 雨に濡れた時は、体が冷えて体力を奪われた結果として、風邪をひくことが多くなるかもしれません。

 また、もし雨で濡れてしまったなどの状況が数時間続くとなると、体温の低下が進んでしまいます。とくに、乳幼児は、大人にくらべると体重1キロ・グラムあたりの体表面積が大きく、皮下脂肪が少ないため、皮膚から熱が逃げて体温が低下しやすいので、低体温症とならないように気を付ける必要があります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yohoushi-mama_img

気象予報士ママの「健康注意報」

新見 千雅(にいみ ちか)
日本気象協会 気象予報士

 呼吸器、透析分野で看護師として勤務した後、気象会社で原稿の作成やラジオ番組を担当。現在は、日本気象協会と株式会社JMDCが進めている、気象データとレセプト(医療報酬の明細書)データを使って、様々な疾患の発症・重症化リスクに関する情報を提供するサービス「Health Weather(R)(ヘルスウェザー)」プロジェクトに参加している。
 2児の母として、妊娠・出産・育児にまつわる天気のコラムを執筆中。


鈴木 孝太(すずき こうた)
愛知医科大学医学部 衛生学講座 教授

 1974年、東京都生まれ。2000年、山梨医科大学医学部卒。2005年、山梨医科大学大学院医学研究科修了(博士(医学))。2011年 、University of Sydney Master of Public Health (MPH) Coursework修了。山梨大学医学部助手、助教、特任准教授、准教授を経て、2016年から現職。専門分野は周産期から小児期にかけての疫学、産業保健、ヘルスプロモーション。
 最近は、「Health Weather(R)」と共同で、気象と健康に関する研究を実施している。

気象予報士ママの「健康注意報」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事