文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPSで世界初、肝・胆・膵臓を同時作製…医科歯科大教授らチーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
iPSで世界初、肝・胆・膵臓を同時作製…医科歯科大教授らチーム

iPS細胞から作ったミニチュア臓器を、特殊な顕微鏡で見た画像。赤い部分が肝臓、黄色い部分が膵臓、青い部分が胆管(武部教授提供)

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、体内でつながっている肝臓と胆管、 膵臓すいぞう のミニチュア版をまとめて作製することに成功したと、武部貴則・東京医科歯科大教授らのチームが発表した。10年以内に移植医療で使える臓器の開発を目指す。世界初の成果で、論文は26日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。

 チームによると、初期の胎児の体内で腸管に何らかの刺激が加わると、三つの臓器に成長する。このため同時に作って移植した方が個別に移植するより患者の体内で機能しやすいという。だが、これまで人為的には個別に作るしかなかった。

 チームは、まずiPS細胞で人工的に腸管を作製した。この腸管を使い、胎児の体内で臓器が作られる過程をシャーレで再現し三つの臓器のもとになる細胞を作った。特殊な方法で細胞を培養し続けたところ、約0.5ミリの大きさの3臓器を作製できたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事