文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

食べること 生きること~歯医者と地域と食支援

コラム

死の前日に入れた総入れ歯、母の顔に戻って逝く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 土曜日の夜、訪問看護師から直接、診療室に電話が入りました。

 「五島先生、先生は日曜日診療されていませんよね」

 「基本的には。でも何か?」

 「明日、行ってもらいたい方がいるものですから」

 「夕方から用事があるけど、午前中なら大丈夫ですよ」

 「本当ですか! すぐ依頼状をファクスします」

 依頼された患者は伊藤はるゑさん(92)。末期がんで食事も一切とっておらず、余命数日と思われる状態でした。「どうしても入れ歯を入れてほしい」という家族の希望があり、僕に依頼が届きました。

 日曜日の朝は都会でも静かです。伊藤さんの表札を見つけてインターフォンを押しました。ちょっと見まわすと2階建ての一軒家ですが、とても広い敷地です。「ふ~ん」と思っていると、娘の洋子さんが出てきました。

 「先生ですか。お休みに無理を言って申し訳ありません。どうぞ」と中に通されました。昭和の時代を感じる家でしたが、たくさん部屋がありました。はるゑさんの部屋は6畳ほどでベッドと洋服ダンスでいっぱいで、空間はあまりありませんでした。

使っていた入れ歯が入らない

死の前日に入れた総入れ歯、母の顔に戻って逝く

 「初めまして、伊藤さん。歯医者の五島です」と言うと、うっすらと目を開けたような。洋子さんが、「このところこんな感じなんです。これが入れ歯なんですけど」と言って、上の総入れ歯を渡されました。

 「いつまで使われていたんですか?」

 「入院する前だから1年ぐらい前までですかねぇ。何とか入りませんか?」

 その言葉の意味することはよく理解できました。入れ歯が入っていないはるゑさんの口元はやせこけて、小さくなってしまっています。入れ歯をそのまま入れてみようと試みましたが、とても無理。唇は硬く縮こまり、その口に対して1年前に使っていた入れ歯は大き過ぎました。

唇や頬のストレッチをして、入れ歯を小さくカット

 取りあえず、薄目状態のはるゑさんの頬のマッサージから始めました。目が少しトロ~ッとなってきた時、洋子さんが「お母さん、気持ちよさそうね」と声をかけました。その後、ゆっくり唇や頬のストレッチをしていくと、徐々に口の周りが軟らかくなってきました。少し唾液も出てきて口の中が潤ってきました。そこで入れ歯を入れようとしましたが、まだまだ無理。今度は持ってきた器械で入れ歯を削りました。通常は数ミクロンという単位の微調整なのですが、この時はセンチ単位で削りました。

 作業中、僕の手元にいくつかの視線が集中していることに気づきました。後ろを振り向くと、洋子さんの後ろにぞろぞろと人が並んでいて、ちょっとびっくりしました。僕の表情を見て、洋子さんが「私の長女夫婦と次女夫婦です」と紹介してくれました。

家族たちに見守られて入れ歯の調整

 さらに作業を続けていると、男の子2人と女の子1人が大人の足元をすり抜けて僕のすぐ横にまで入ってきました。3人とも小学校に入るかどうかの年頃。洋子さんが「うちの孫なんです。晋ちゃん、康ちゃん、モモちゃん、先生の邪魔でしょ。こっちに来て」と言いました。僕が「大丈夫ですよ」と言うと、3人は居場所を得たように僕が正座して作業している脇に座り込み、手元に視線を集中させています。

「これ、ひーばー(ひいおばあさん)の歯なの?」と晋ちゃんが質問します。

「そうだよ。これから入れるからね」

「入るの?」

「入れようねぇ」

 作業が続くと、康ちゃんが僕の背中によじ登ってきました。さすがにそれはと、洋子さんが抱っこしました。

 何度か試しながら、一回りどころか、二回り、三回り小さくなった上の入れ歯をそっと、はるゑさんの口に入れると、ついに口の中に入りました。その瞬間、3人の子供たちは、「入った! 入った! 入った!」と大はしゃぎです。「ひーばー、ひーばー」と騒ぎ続けるので、お母さんたちが子供たちを連れて出ていきました。

歯がないと母の顔じゃない

 最初のように、はるゑさんと洋子さんと僕の3人の部屋になりました。急場しのぎで入れ歯用の接着剤を使用して、上の入れ歯を固定して終了。静かになった部屋で洋子さんが、「やっぱりねぇ、歯がないと母の顔じゃないのよ。先生、無理言って申し訳ありませんでした」

 最後に、はるゑさんの手をさすりながら、「お疲れ様でした。失礼します」と言って去ろうとすると、本当にかすかな声で「ありがとう」と聞こえました。

入れ歯で表情を取り戻して息を引き取った

 その翌日、再び訪問看護師から連絡がありました。

 「五島先生、ありがとうございました。昨夜、はるゑさんが息を引き取られました。家族がすごく感謝していましたよ。本当にありがとうございました」

 「そうでしたか」

 「ところで先生、おチビちゃんに何かしました?」

 「?」

 「ヒーロー、ヒーローって騒いでいましたよ!」

 入れ歯を入れて、「ひーばー」らしい顔を取り戻した仕事が、子供にはヒーローに思えたようです。

 ※氏名は仮名

(五島朋幸 歯科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190205-tgoto-prof200

五島朋幸(ごとう・ともゆき)

歯科医師、ふれあい歯科ごとう代表(東京都新宿区)。日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科臨床准教授。新宿食支援研究会代表。ラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」、「ドクターごとうの食べるlabo~たべらぼ~」パーソナリティーを務める。 著書は、「訪問歯科ドクターごとう1 歯医者が家にやって来る!?」(大隅書店)、「口腔ケア○と×」(中央法規出版)、「愛は自転車に乗って 歯医者とスルメと情熱と」(大隅書店)など

食べること 生きること~歯医者と地域と食支援の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事