文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

精子に隠された「不都合な真実」

yomiDr.記事アーカイブ

不妊治療は平均実績じゃない! 「私たち夫婦にとって何がいいか」がすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

加齢の影響少ない男性 勃起不全治療薬で高齢でも射精可能

id=20190926-027-OYTEI50010,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 一方、男性に目を向けると、正常な方は毎回数億匹もの精子を射精します。おそらく生涯で1兆匹以上造りますので、卵子のように途中まで造っておいて備蓄するということはできません。精子の元になる細胞から、そのつど精子を造ります。産生量は加齢により減少しますが、女性の閉経のようにはっきりした終わりはありません。

 以前は、勃起しなくなることが生殖期間の終了を意味する場合が多かったのですが、現在はバイアグラのような勃起不全治療薬の登場により、かなり高齢の方でも射精ができるようになりました。

 お子さんがいる、ある60歳以上の男性が再婚されて、新たに子を望まれたので、精液検査を行ったことがあります。この方の若い時の精液を見ていないので、精子の量と質が加齢でどれくらい変化したかはわかりませんが、検査結果は素晴らしいものでした。事実、再婚後にお子さんができました。

 これを機に私どもは、お孫さんがいる65歳、68歳の男性2人から精液を提供していただき、精子を選別して解析しました。写真は、そのうちのお一人(68歳)の精子を色素で染めたものです。頭部は ()(えん) 形で、空胞も少なく、運動性も良好であり、もうお一方も同様な結果でした。

 女性が50歳前後で閉経を迎えるのに対し、造精機能が正常な男性では、たとえ一部の精子が加齢で劣化したとしても、なにしろ数がいるので大勢に影響はありません。60歳代後半になっても加齢を感じさせない精子に、研究チーム一同脱帽でした。

造精機能に問題あると治療困難な例多く

  今回、初めに申し上げた「男のつらさ」というのは、年齢に関係ありません。いったん精子の状態が悪いことが発覚すると、治療が困難な場合が多いということです。その背景には、前回のコラムでお話しした遺伝子の問題があります。

 妊娠は夫と妻の共同作業であり、いくら妻側の治療がうまくいっても、夫側に問題があれば妊娠率は上がりません。毎日、研究していて感じるのは、精子の状態が良い方と悪い方の差が大変大きいことです。

 今後は、精子としての平均実績をひとくくりで評価するのではなく、「私たち夫婦の精子ならば、この治療により、どのくらい妊娠するか」を考えるべきです。男性不妊の問題は、みなさんが思っているよりずっと深刻なのです。(東京歯科大学市川総合病院・精子研究チーム)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

seishi-shinjitu

精子に隠された「不都合な真実」

兼子 智(かねこ・さとる)
東京理科大大学院、慶應大大学院修了。薬学博士、医学博士。東京歯科大市川総合病院産婦人科非常勤講師


黒田 優佳子(くろだ・ゆかこ)
慶應大医学部卒、同大学院修了。医学博士。「黒田インターナショナル メディカル リプロダクション」院長


萩生田 純(はぎゅうだ・じゅん)
慶應大医学部卒。博士(医学)。東京歯科大市川総合病院泌尿器科講師


中川 健(なかがわ・けん)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院副院長、泌尿器科部長、副リプロダクションセンター長


高松 潔(たかまつ・きよし)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院産婦人科部長、リプロダクションセンター長

精子に隠された「不都合な真実」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事