文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.イワケンの「感染症のリアル」

コラム

乳幼児の気管支炎を招くRSウイルス 秋に流行することも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

元の名前はチンパンジー風邪病原体!?

乳幼児の気管支炎を招くRSウイルス 今年はなぜか秋にも流行

 RSウイルスは「アールエスウイルス」と呼びます。あんまり聞いたことないでしょ。

 呼吸器感染症……、つまり (せき) とかくしゃみの原因になるウイルス感染で、基本的には冬に流行しやすいのです。ところが、今年はなぜか初秋の9月に流行している。もう9月を秋と呼ぶべきなのかも最近は若干疑問ですが。日本は四季が豊かな国、と言われたのは過去の話で、あと10年たつと夏と冬しかなくなるんじゃないか、とマジで思っています。

 さて、RSのRとSとはなにか。これは呼吸器(respiratory)と合胞体(syncytium)から来ています。呼吸器に感染を起こすと、そこの細胞が集まって合胞体というものを作りますよー、という色気もなんにもない名称です。ま、病原体に色気もなにもないのですが。

 実は、このウイルスはもっと色気のない名前を持っていました。最初にウイルスが発見されたのが1956年だったのですが、風邪をひいたチンパンジーから見つかったんですね。で、最初はチンパンジー風邪病原体(chimpanzee coryza agent, CCA)と呼ばれていました。

 一応、RSウイルス感染はいわゆる感染症法で5類に分類されていて、定点観測、報告がされています。

 でも、そのわりに話題に上らない。なぜか。

 それは、RSウイルス感染症に、根本的な治療法や予防法がないからなんです。じゃ、なんで報告させるんだ?というのはごもっともなご意見。

 厚生労働省は「対策の効果(アウトカム)」が出ない感染症でも報告させるんです。これぞ、お役所仕事です。本当は、対策の結果が出せる感染症に絞って報告させたほうが、公衆衛生での利益は大きいのにね。意味のない仕事をさせると人は萎えますからね。こういうのがブラック体質なんですよー。

手洗いや手指の消毒で接触感染の防止を

 ま、それはさておき。

 ぼくは普段、このウイルスとは取っ組み合わないのです。これ、基本的に小さなお子さんの感染症で、小児科の先生の方がご案内だと思います。1歳未満の小さなお子さんの気管支炎の原因として有名です。

 では、大人だとこのウイルスは無関係かと思えばそんなことはありません。

 もう何十年も昔の話になりますが、ぼくがニューヨーク市の病院で研修医をしていたときの話です。

 集中治療室(ICU)で治療していた高齢患者がRSウイルスによる肺炎だったのです。当時はこれという治療法もなく、とても大変だった記憶があります。 (あつもの) に懲りて (なます) を吹く、ではないですが、このあとしばらくの間、ICUの上司は重症肺炎が見つかると全部RSウイルスの検査をしていました。

 前述のようにRSウイルスには効果的な予防法がありません。つまり、ワクチンがないのです。これはウイルスの抗原が多様なためなのかもしれません。というわけで、人間の免疫記憶もがっちりとは獲得できません。麻疹のように「一度かかったら一生かからない」という終生免疫がつきませんから、何度でも感染が起きます。そうは言っても、子供が大きくなるに従ってRSウイルス感染は起きにくくなりますから、やはりそれなりに免疫はついているのでしょう。

 RSウイルスの感染は、ほとんどが接触感染です。つまり、ウイルスのついた目とか鼻とかを手で触り、その手で別の人を触って感染するのです。咳とかくしゃみで 飛沫(ひまつ) が飛び散って感染する「飛沫感染」も起きるようですが、飛距離は短くてせいぜい1メートルあるかないか。例えば、インフルエンザウイルスの飛距離が数メートルくらいと言われていますから、RSウイルスはまあ、インフルエンザほどの感染力はないのですね。

 というわけで、咳をしていて「RSかな?」と思ったとき、とくにRSウイルスが流行している時期、地域では、感染に弱い小さな子供に近づかない、触らない、触るんだったらよく手を洗うというのが大事になります。せっけんと水でも十分にウイルスを排除できますし、アルコール製の手指消毒薬でも大丈夫です。まあ、ワクチンはないんですけど、それなりに対応はできるというわけです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iwaken_500

岩田健太郎(いわた・けんたろう)

神戸大学教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学卒業。内科、感染症、漢方など国内外の専門医資格を持つ。ロンドン大学修士(感染症学)、博士(医学)。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院(千葉県)を経て、2008年から現職。一般向け著書に「医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法」(中外医学社)「感染症医が教える性の話」(ちくまプリマー新書)「ワクチンは怖くない」(光文社)「99.9%が誤用の抗生物質」(光文社新書)「食べ物のことはからだに訊け!」(ちくま新書)など。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパートでもある。

Dr.イワケンの「感染症のリアル」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事