文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

陽子のシネマ・クローゼット

コラム

人生の幕を閉じるとき、あなたは何を望みますか?…「人生をしまう時間」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
人生の幕を閉じるとき、あなたは何を望みますか?・・・「人生をしまう時間(とき)」

患者のもとへ向かう小堀鴎一郎医師(C)NHK

 “理想の最期”は、「在宅死」なのか。『人生をしまう 時間(とき) 』は、大きな反響を呼んだ、NHK BS1スペシャルのドキュメンタリー番組『在宅死 “死に際の医療”200日の記録』を再編集し映画化。

 一人ひとりの人生の最期に向き合う2人の医師。病院の医療現場ではうかがい知れない、在宅医が接する患者の事情はさまざまだ。家族関係や経済力、決してきれい事ではない厳しい現実が立ち塞がる。それでも、患者が望む穏やかな看取りをかなえるため、模索し、力を尽くす訪問診療チーム。カメラが捉えたのは、いくつもの命の終えん。胸をつくシーンが、見る者の死生観を新たにする。

望み通りの最期に必要なのは…

 どんな人にも必ず死が訪れるのに、なぜか人ごとのように目をそらしがちな終末期。自身の“命のしまいかた”を、はたしてどのくらいの人がイメージできているのだろうか。

 日本は、医療費抑制などのために「病院死」から「在宅死」へ促す政策をとってきたが、「在宅死」の選択は決して簡単ではない。病院であれ、在宅であれ、患者の家族は残り少ない命を前にして、いかに後悔なく看取れるかに頭を悩ませ、日々立ちはだかる問題に直面し、不安に押しつぶされそうになる。「在宅死」を選ぶには、信頼できる訪問診療チームが地域に存在するかどうかがカギになる。つまり、望む最期を迎えられるために必要なのは、場所ではなく、人なのではないか。

エリート外科医が転身

 小堀鴎一郎医師、80歳。自ら軽自動車のハンドルを握り、行き交う地域の人々と声をかけあい、一軒一軒、患者の家を訪問診療でまわっている。名前の鴎の字は、明治の文豪で軍医でもある祖父、森鴎外からもらった。代々、医をなりわいとする名門に生まれた小堀医師は、かつて東大病院のエリート外科医だった。年間千件以上の手術に執刀する、まさに“病気を診る職人”だったと、自身を省みる。

 定年後、これまでとは対極にある在宅医療の現場へ転身。そこで初めて、患者とその家族が抱える人生の奥深さに接して、好奇心をかき立てられる。やがて、一人ひとりの人生の終わりに何ができるのかに心を砕き、“人を診る”名医に。訪問先では、洗練された巧みなコミュニケーションで、患者の体調や家族の精神状態などをさりげなく観察し、状況を聞き出す。事情がわかれば、機転を利かせ、自ら対応するフットワークの良さは、全く年齢を感じさせない。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ogawa_yoko_prof

小川陽子(おがわ・ようこ)
 東京生まれ。日本医学ジャーナリスト協会副会長。国際医療福祉大学大学院医療福祉ジャーナリズム修士課程修了。医療ジャーナリスト、医療映画エッセイストとして活動。“シニアによるヒップホップダンスへの挑戦”というテーマで話題になったドキュメンタリー映画『はじまりはヒップホップ』(2016年日本公開)のメンバー(平均年齢83歳)を日本に招き、湖山医療福祉グループ・カメリア会の特別養護老人ホームで交流イベントを行うなど、映画のイベントプロデュースも手がける。高齢者住宅新聞で、「ヘルスケア×カルチャー 変貌する医療と福祉」連載中。 

陽子のシネマ・クローゼットの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事