文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」

医療・健康・介護のコラム

がんで余命2か月の38歳女性 夫に「本人には伝えないで」と頼まれたが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 10歳の娘がいる38歳の女性患者。明るい性格で、下町で夫と営む文房具店を切り盛りしていた。2年前に大腸がんと診断され切除手術を行い、その後、抗がん剤治療を続けてきた。手術後1年たった頃から、腸閉塞に何度か見舞われ、がんの再発も見つかり、入退院を繰り返すようになった。夫は夕方の数時間、店をアルバイトに任せ、子どもと共に面会に訪れることが多かった。子どもには「お母さんのおなかのなかにある悪いものを取った」と説明していた。

 主治医は、がんが再発したこと自体は患者に伝えていたが、夫から「深刻なことは妻に言わないでほしい」と頼まれていた。

 引き続き行った抗がん剤治療の効果はなく、腫瘍は大きくなり、全身状態も徐々に悪化していった。主治医は看護師同席のもと、「予後は2か月程度で、緩和医療を中心にしていくのがよい選択だろう」と夫に伝えた。そして、「これからの大切な時間の過ごし方を考えるためにも、奥さんに今の病状と予後について伝えたほうがよいのではないか」と提案した。しかし、夫は考えを変えず、「妻には黙っていてほしい。そんなこと聞いたら落ち込んでしまう」と強く要請した。

「伝えないままでは、家族との大切な時間を過ごせない」

 

がんで余命2か月の38歳女性 夫に「本人には伝えないで」と頼まれたが…

 担当の看護師は、患者に判断能力があることから、「予後を伝えないままでは、子どもや夫と過ごす大切な時間を逃してしまう。子どもにしてあげたいこともあるかもしれない」と考えました。つらい現実を伝えないことが、本当に患者にとってよいことなのか……。生命倫理の授業で、大学院生(看護師)が語った事例です。

 担当看護師は、自らも同年代の子どもを育てており、日ごろから患者とお互いの育児の話をするなど、良い関係を築いていました。実際、患者は「治療ができないって言われちゃうと、『あきらめられた』と思ってしまうから、最期まで言わないでほしい。希望を残してほしい」と話してくれました。この患者の言葉をうけて、医療チームは余命を本人に知らせず、「苦痛の緩和を最大限に行い、状態が改善したら治療を再開しよう」と伝えたそうです。その上で、患者が、子どもや夫が面会に来る時間に、身体的にも精神的にも良い状態でのぞめるよう、薬剤やケアを調整していきました。

余命の予測は不確か

 

 「予後」とは、病気や手術などの経過や終末についての医学的な予測、または病気が治癒した後の経過を意味します。「余命」は、これから先、死ぬまでの命の長さを意味します。予後という言葉自体は、一般の人にとってなじみが薄いでしょう。がんのステージや転移の状況などをふまえた「病気の見通し」という意味で使う場合もあれば、このケースの主治医のように「2か月程度」などと、余命の意味で使う場合もあるようです。

 余命の予測は不確かで、実際はそれを上回る場合も、その反対もあります。しかし、患者や家族にとって余命という言葉は、大きな衝撃をもたらし、かつ確定した情報であるかのように伝わってしまう懸念があります。

 授業では、四つのポイントについて話し合いました。

(1)夫の「妻に黙っていてほしい」という理由は何なのか

 

 なぜ夫は、余命を本人に伝えないでほしいと頼んだのでしょうか。妻と生活を共にしてきた経験から「妻には現実を受け止めるのは難しい」と思っているのか、それとも、妻本人が「知りたくない」と思っていることをキャッチしているのか、など。いま夫は、仕事も子どもの世話も一人でがんばっている状況で、これから先の生活に不安を感じ、子どもとの向き合い方に悩んでいるかもしれません。子どもへの支援を並行して考えていくことも大事で、病院によっては「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」(CLS:Child Life Specialist)(注)がいて、親などががんと診断された時から、子どもの支援にかかわっていくことがあります。

(注)医療において子どもと家族が困難な状況に直面したときに、子どもの発達やストレスへの対処をふまえ心理社会的な支援をする専門家

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tsuruwaka-mari

鶴若麻理(つるわか・まり)

 聖路加国際大学教授(生命倫理学・看護倫理学)、同公衆衛生大学院兼任教授。
 早稲田大人間科学部卒業、同大学院博士課程修了後、同大人間総合研究センター助手、聖路加国際大助教を経て、現職。生命倫理の分野から本人の意向を尊重した保健、医療の選択や決定を実現するための支援や仕組みについて、臨床の人々と協働しながら研究・教育に携わっている。2020年度、聖路加国際大学大学院生命倫理学・看護倫理学コース(修士・博士課程)を開講。編著書に「看護師の倫理調整力 専門看護師の実践に学ぶ」(日本看護協会出版会)、「臨床のジレンマ30事例を解決に導く 看護管理と倫理の考えかた」(学研メディカル秀潤社)、「ナラティヴでみる看護倫理」(南江堂)がある。

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」の一覧を見る

4件 のコメント

コメントを書く

まずは、本人に伝えること

ケアマネージャー

確かに受け止められない現実です。35年くらい前、叔母は叔父のがんを隠し通して看病しました。叔父は、痩せ衰えていく現実から、自らの余命を悟ったと思...

確かに受け止められない現実です。35年くらい前、叔母は叔父のがんを隠し通して看病しました。叔父は、痩せ衰えていく現実から、自らの余命を悟ったと思います。
今は、ネット検索で病状から余命まで分かります。薬剤の名前から、治療目的が明らかになります。隠しなから行う治療には、違和感があります。つらい現実ですが、家族で分かち合って受け止めた方が、本人が1人で気づくより孤独を感じないと思います。

つづきを読む

違反報告

救急救命士

ノリ

私は妻を5年前、胆嚢癌で亡くしました。発見時はステージ4で余命3か月でした。 仕事柄、人が亡くなる場面や辛い現場を沢山見てきましたがまさか一番身...

私は妻を5年前、胆嚢癌で亡くしました。発見時はステージ4で余命3か月でした。
仕事柄、人が亡くなる場面や辛い現場を沢山見てきましたがまさか一番身近な、最愛の妻がステージ4の癌などと思いもしませんでした。私は主治医に相談し余命を伝えることにしました。妻は死刑宣告されたも同然です。葛藤と救急救命士でありながら何もしてあげれない悔しさ、後悔の中余命を告げると妻は「そっか。子供達と居たい。」と言いました。私は在宅介護を選択し妻と娘二人と旅行や買い物、妻の生まれ故郷などに出かけました。妻は余命宣告から11カ月後に家族三人に看取られ最期を迎えました。
 今でも思います。妻に余命を伝えたことは本当に正しかったのだろうか?妻は幸せだったのだろうか?その答えは見つかることはありません。

つづきを読む

違反報告

自分の命は自分のために

中堅ナース

他病棟ですが、病院で似たような若い女性の末期癌に立ち会ったことがあります。 余命数カ月の28歳女性で、入籍直後に癌が発覚し余命宣告を受けました。...

他病棟ですが、病院で似たような若い女性の末期癌に立ち会ったことがあります。
余命数カ月の28歳女性で、入籍直後に癌が発覚し余命宣告を受けました。

彼女の場合は、ご本人が直接に余命宣告を受けられましたので、残りの人生を夢である挙式を行うなど精一杯に生きられた方です。病院内でも穏やかに過ごされていました。

ただ、旦那様となった方(同じ年)が現実を直視できず、極力彼女に会うことを避けており、そのことが彼女にとって大きな悲しみとなっていました。

「余生は家族で健やかに過ごしてください。」と義理の両親に彼女(妻)の事を丸投げ状態であり、看護師や医師を含めてどのように対応すればよいのか、考慮することが多く大変でした。

大切な方が大病となった時に、現実を直視出来なくなる事は理解できます。
ただ、私は命は本人のためのものであると強く感じています。
夫であろうが、こどもであろうが、自分の命は自分の為だけのものです。

入籍したばかりの旦那様にとっては、結婚式を挙げることさえも苦痛だったかもしれません。
ただ、ご本人は余命を理解した上で、挙式を上げることにとても喜びを感じられていましたし、余命を知ったことで挙式を予定より早める等の対応をとることが出来ました。当初予定していた場所ではないし、車椅子での挙式。ウェディングドレスも予定していたものでは無いなど理想とはかけ離れていたとは思いますが、彼女はとても幸せそうでした。

本人が直接に余命を知らせないで欲しいと言っているのならともかく、たとえ家族であったとしても第三者が当人の事を想像で語ることに強い違和感を感じます。
人はたとえ親しい人であったとしても。むしろ親しい人、愛しい人にこそ本音を隠したり、性格や思想を装う(空気を読む)事があると思います。

人生をどう生きるのかは家族が決めることではなく、本人が決めるべきであると思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事