文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」

コラム

がんで余命2か月の38歳女性 夫に「本人には伝えないで」と頼まれたが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 10歳の娘がいる38歳の女性患者。明るい性格で、下町で夫と営む文房具店を切り盛りしていた。2年前に大腸がんと診断され切除手術を行い、その後、抗がん剤治療を続けてきた。手術後1年たった頃から、腸閉塞に何度か見舞われ、がんの再発も見つかり、入退院を繰り返すようになった。夫は夕方の数時間、店をアルバイトに任せ、子どもと共に面会に訪れることが多かった。子どもには「お母さんのおなかのなかにある悪いものを取った」と説明していた。

 主治医は、がんが再発したこと自体は患者に伝えていたが、夫から「深刻なことは妻に言わないでほしい」と頼まれていた。

 引き続き行った抗がん剤治療の効果はなく、腫瘍は大きくなり、全身状態も徐々に悪化していった。主治医は看護師同席のもと、「予後は2か月程度で、緩和医療を中心にしていくのがよい選択だろう」と夫に伝えた。そして、「これからの大切な時間の過ごし方を考えるためにも、奥さんに今の病状と予後について伝えたほうがよいのではないか」と提案した。しかし、夫は考えを変えず、「妻には黙っていてほしい。そんなこと聞いたら落ち込んでしまう」と強く要請した。

「伝えないままでは、家族との大切な時間を過ごせない」

 

がんで余命2か月の38歳女性 夫に「本人には伝えないで」と頼まれたが…

 担当の看護師は、患者に判断能力があることから、「予後を伝えないままでは、子どもや夫と過ごす大切な時間を逃してしまう。子どもにしてあげたいこともあるかもしれない」と考えました。つらい現実を伝えないことが、本当に患者にとってよいことなのか……。生命倫理の授業で、大学院生(看護師)が語った事例です。

 担当看護師は、自らも同年代の子どもを育てており、日ごろから患者とお互いの育児の話をするなど、良い関係を築いていました。実際、患者は「治療ができないって言われちゃうと、『あきらめられた』と思ってしまうから、最期まで言わないでほしい。希望を残してほしい」と話してくれました。この患者の言葉をうけて、医療チームは余命を本人に知らせず、「苦痛の緩和を最大限に行い、状態が改善したら治療を再開しよう」と伝えたそうです。その上で、患者が、子どもや夫が面会に来る時間に、身体的にも精神的にも良い状態でのぞめるよう、薬剤やケアを調整していきました。

余命の予測は不確か

 

 「予後」とは、病気や手術などの経過や終末についての医学的な予測、または病気が治癒した後の経過を意味します。「余命」は、これから先、死ぬまでの命の長さを意味します。予後という言葉自体は、一般の人にとってなじみが薄いでしょう。がんのステージや転移の状況などをふまえた「病気の見通し」という意味で使う場合もあれば、このケースの主治医のように「2か月程度」などと、余命の意味で使う場合もあるようです。

 余命の予測は不確かで、実際はそれを上回る場合も、その反対もあります。しかし、患者や家族にとって余命という言葉は、大きな衝撃をもたらし、かつ確定した情報であるかのように伝わってしまう懸念があります。

 授業では、四つのポイントについて話し合いました。

(1)夫の「妻に黙っていてほしい」という理由は何なのか

 

 なぜ夫は、余命を本人に伝えないでほしいと頼んだのでしょうか。妻と生活を共にしてきた経験から「妻には現実を受け止めるのは難しい」と思っているのか、それとも、妻本人が「知りたくない」と思っていることをキャッチしているのか、など。いま夫は、仕事も子どもの世話も一人でがんばっている状況で、これから先の生活に不安を感じ、子どもとの向き合い方に悩んでいるかもしれません。子どもへの支援を並行して考えていくことも大事で、病院によっては「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」(CLS:Child Life Specialist)(注)がいて、親などががんと診断された時から、子どもの支援にかかわっていくことがあります。

(注)医療において子どもと家族が困難な状況に直面したときに、子どもの発達やストレスへの対処をふまえ心理社会的な支援をする専門家

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tsuruwaka-mari

鶴若麻理(つるわか・まり)

 聖路加国際大准教授(生命倫理分野)、同大公衆衛生大学院兼任准教授。
 早稲田大人間科学部卒業、同大学院博士課程修了後、同大人間総合研究センター助手、聖路加国際大助教を経て、現職。生命倫理の分野から本人の意向を尊重した保健、医療の選択や決定を実現するための支援や仕組みについて、臨床の人々と協働しながら研究・教育に携わっている。2020年度、聖路加国際大学大学院生命倫理学・看護倫理学コース(修士・博士課程)を開講予定。編著書に「看護師の倫理調整力 専門看護師の実践に学ぶ」(日本看護協会出版会)、「臨床のジレンマ30事例を解決に導く 看護管理と倫理の考えかた」(学研メディカル秀潤社)、「ナラティヴでみる看護倫理」(南江堂)がある。

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

個人の集団の為の真実と自由の取り扱い規約

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

関係なさそうで、医大サッカー部の指導と似ているなあと思いました。 色んな選手の性格も理解や感情はバラバラですし、日々揺れ動きます。 僕は選手目線...

関係なさそうで、医大サッカー部の指導と似ているなあと思いました。
色んな選手の性格も理解や感情はバラバラですし、日々揺れ動きます。

僕は選手目線で練習に入りながら、修正を加えていきつつ、教科書も買って与えていきます。
これに対する個々の選手の反応も様々です。
やってこないとわかっていても敢えて説明して、失敗やサボりを可視化することもあります。
後で理解し、ポジティブに行動させるためです。

20歳前後ですから、言われてすぐに頑張る子もいれば、とりつくろったり、無視したり、強がったり、嘘を吐いたり、逆らったり、様々ですし、スコア自体は敵も未熟なので勝つこともありますが、その子自身の成長だけは真実です。
一方で、かりそめの勝利が気持ちを高揚させ努力させることもあります。

そこで、本文にも繋がりますが、真実が必ずしも個々人を幸福にするわけではありませんし、責任問題も絡む中で、あまり関わらない方が楽なのですが、一生懸命やる子や僕と付き合いの長い子は、そういう細かすぎて伝わらない部分まで理解してくれますし、たまにそういう望外の喜びが欲しければ、日々の不満や怒りなど多少は我慢しないといけないかなとも思います。

完全に仕事になると、そういうスタンスは難しいですよね?
評価する人の好き嫌いで、機会平等と結果平等のバランスを過度に悪意で取られれば、バカバカしいことになります。
しかし、どこまでもビジネスにすると、そういう人間的なケアにおいて及び腰になってしまいます。
夫の為に真実を伝えないのか、本人の為に真実を伝えるのかも、結局は答えのない問題です。
がんの告知がなかなか一般的にならなかったのも、そういう責任問題ゆえの無責任社会と言質社会の中で、科学的にも心情的にも複雑な話が避けられてきた部分があるのではないかと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事