文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[女優 吉本多香美さん](下)15歳のアフリカ体験、「初めて地球を見た」 自然や命へのこだわりの原点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

子供がもう少し成長したら舞台の仕事に復帰したい

 ――随分、日に焼けていらっしゃいますね。

 毎日朝、夕は、畑に出て汗をかいていますから。それでもできる限り、きれいでいたいとは思っています。女優ですから。長袖を着て帽子をかぶって日焼け止めを塗ってハーブ園に出ますが、しょうがないですね。保湿クリームなどの化粧品は自分で作っています。こんな私でもできるお仕事があれば、女優の仕事もやらせていただきます。映画で農家のおばちゃん役とか(笑)。

――今はハーブの仕事に力を入れているということですね。

 もう少し、子供が落ち着いたら、舞台をやりたいと思っています。舞台は大好きです。みんなで1か月ぐらいかけて作りこんでいくのは、人生劇場みたいです。観客の方と一緒に泣いて笑って感動してっていう場が本当に好きです。このハーブガーデンも舞台みたいだなって思うんです。お客様と一緒にお花を摘みながら、いろんなお話をお聞きして、一緒に泣いて、笑って。

――これからも石垣島でずっと暮らしていくつもりですか。

 今は、子供が石垣島の暮らしを気に入っているし、ハーブのお仕事がありますから、離れるつもりはありません。出会った人たちが、自然に自分らしくしていられるハーブ園にしたいって思っています。

[女優・吉本多香美](下)15歳のアフリカ体験、「初めて地球を見た」 自然や命へのこだわりの原点

※石垣島での写真は提供

よしもと・たかみ
 1971年、東京生まれ。女優としてテレビ、映画、舞台、CMで活躍するほか、ハーバリストとして、自然と人間の共存をテーマにしたドキュメンタリーやトークショーに力を入れ活躍している。趣味は、海で泳ぐこと、子供と遊ぶこと。料理、ボディーボード。昨年、石垣島に自然栽培の島ハーブガーデン、Fresh & Wild yoshimoto-takami.com をオープンした。初代ウルトラマン役の俳優、黒部進の長女。

3 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事