文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なが~く、楽しくお酒と付き合うために

コラム

職場の人間関係のストレスから飲酒の泥沼に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
職場の人間関係のストレスから飲酒の泥沼に

 こんにちは。精神科医の重盛憲司です。今回は、職場のアルコール問題について書きましょう。 

 30年近く前、私は当時の厚生省で、アルコール関連問題対策を担当していました。ある日審議官室に呼ばれた私は、「重盛君、職場のアルコール問題をやりなさい」という指示を受け、アルコール関連問題の内でも、特に職場のアルコール問題に注力するようになりました。現在精神科のクリニックで、主にアルコール依存症の患者さんの治療を行いつつ、産業医として職場のメンタルヘルスに関わる仕事もしている私の素地は、この頃に形作られました。

40代の元ラガーマンが仕事のストレスで酒に依存、うつ病に

  4年ほど前、私が産業医として働いている流通業の会社で、Cさんと出会いました。40代後半のタフな仕事人間で、国際貨物の流通に関する情報管理を精力的にこなしていました。学生時代にはラグビーの選手として活躍していた経歴の持ち主で、休日には子供たちにラグビーを教えるスポーツマンでもあります。

 そんな彼がここ1年、職場の人間関係や仕事のストレスからふさぎ込む日が続くようになり、保健師さんの勧めで、産業医である私の前に現れたのでした。彼の訴えを聞いた私は、うつ病の診断を下し、彼は病気休暇を取ることになりました。 

 病気休暇を取ることになった翌週、Cさんは奥さんとともに私のクリニックを受診し、意外なことを話し始めました。自分をこんな状態に落としたのは、お酒ではないだろうかというのです。

 「つらさを紛らわそうと飲む酒が逆に自分を苦しめ、さらに飲まざるを得なくなってしまうんです。この連鎖を断ち切るためには、どうしたらいいんでしょう」

 心配そうに見つめる奥さんの前で、Cさんは切実に訴えました。私は断酒のための入院治療を勧め、10日後、Cさんはアルコール専門病院に入院することとなりました。

職場のストレスとアルコール依存の深い関係

  職場のアルコール問題に取り組み始めたころ、職場には3Aと呼ばれる重要な問題がありました。3Aとは、Accident(事故)、Absence(欠勤)、Alcohol(酒)の3つの言葉の頭文字を取った言い回しです。

 Accidentは、主に工場などで働く人々の、労災事故のことをいいます。3Aという言葉は、アメリカ発祥のものであり、当時の世相を反映していたといえるでしょう。次に、Absenceは、正当な理由のない欠勤のことをいいます。事前に休暇届を出しておらず、当日の連絡もなしに急に仕事を休んでしまうことなどを指し、怠業ともいいます。

 そしてAlcoholは、飲酒しての就業による作業能率の低下や、健康を害するなどの身体的な問題のことを指しています。AccidentやAbsenceといった、他の問題にもつながる、特に注意するべき問題であるといえるでしょう。

 最近は、うつ病など精神疾患への職場の理解が進み、以前のように3Aという観点から職場の問題を考える傾向は少なくなりました。観点は変わっても、職場のストレスとアルコール依存の深い関係は変わりません。

アルコール依存から脱却、ストレスを管理

  3か月後に退院して、私の前に現れたCさんは、以前にも増して穏やかな笑顔を見せてくれました。無事に職場復帰も果たし、同僚や上司の理解も得て、以前ほどガムシャラにならなくても済むような働き方にシフトしたと言います。その結果、仕事の疲れやストレスを、酒に頼らずとも回復できる範囲にとどめることに成功したようでした。もちろんラグビーの楽しさ、厳しさを子供たちに伝えることも続けているそうです。

 仕事や職場の人間関係からくるストレスをごまかすために飲むお酒が、やがてその人間を泥沼に引きずり込んでいく。そんな人をたくさん診てきた私に、Cさんは少し希望をくれました。

 この3年余り断酒を続ける彼の現在の願いは、お酒に溺れる自分に勇気を与えてくれた、ラグビー日本代表チーム『ブレイブ・ブロッサムズ』が、ロンドンの奇跡を再び見せてくれることだそうです。(重盛憲司 精神科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shigemori_prof

重盛憲司(しげもり・けんじ)

心療内科・精神科医 1952年、長野県生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室を経て、国立療養所久里浜病院(現・国立病院機構久里浜医療センター)にてアルコール依存症などの治療に携わる。また、厚生省(当時)でアルコール関連問題対策を担当。一方、自身では長年にわたり様々なお酒を愛飲。クラフトビールやシングルモルトウイスキーが近年のマイブーム。趣味は学生時代から続けるアイスホッケーと、自宅近くのマリーナからヨットで海に出ること。現在は洗足メンタルクリニック院長。テレビ番組の出演多数。

なが~く、楽しくお酒と付き合うためにの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事