文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

ビーフビーンズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日はトマトベースで人気の煮物「ビーフビーンズ」のご紹介です。

 おいしさの秘密は牛肉。トマトと相性が良く、牛肉の味も強いので、絶妙なおいしさになります。おいしくて人気のあるレシピに、追加食材として大豆水煮も入れています。給食ではカレーライスやシチューに大豆やヒヨコ豆がよく入ります。子どもの好きなメニューに、子どもが苦手なものを合わせて、おいしく食べる。この方法は学校給食では定番で、全国の学校で提供されています。

 さて、そんなおいしいビーフビーンズの材料で注目したいのがタマネギです。タマネギに含まれる香り成分の硫化アリルは、ビタミンB1の吸収を助けて新陳代謝を活発にしてくれます。血液の健康にも効果的です。タマネギは冷蔵庫に常備しておきたい野菜の一つですね。加熱することで甘みが増す野菜なのでスープにもいいですね。給食では甘みを出す目的で煮溶かす分と、形を残して軟らかく煮る分に分けてスープに入れています。タマネギはスープのうま味にもなるし、食材としてもおいしいので、スープに欠かせないですね。献立にするなら、パンに合わせるのがおすすめです。おいしいビーフビーンズを楽しみましょう。

[作り方]

(1) ニンジンはいちょう切り、タマネギは角切りにする。鍋にオリーブ油を入れて、中火で加熱、ニンニクとショウガと牛肉とニンジンとタマネギを入れていためる。

(2) 牛肉の赤みが消えたら、水と残りの食材とコンソメを入れて、中火で20分ほど煮て完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事