文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

黒糖根菜煮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は「黒糖根菜煮」のご紹介です。一見すると、ただの煮物に見えますが、食べると違いがすぐわかります。

 いつもと違う甘み……、今回は黒糖で煮物を作りました。黒糖は栄養面で優れています。疲労回復効果や美肌効果、冷え性の予防に効果があるといわれています。どこか懐かしさを感じる甘みは、お菓子で利用されることが多いですが、煮物に入れるとコクを出すことができます。給食では黒糖や三温糖など、色のついたお砂糖をよく使用しています。

 サケの切り身が入っていますが、こちらも給食ではポイントになります。魚をおいしく食べるため、ふっくらと煮て、食べやすくします。栄養素の点では、たんぱく質を摂取するためです。お肉でもいいのですが、魚の苦手克服を意識して、うま味の出やすい煮物に入れます。

 食材で注目してほしいのは、ゴボウです。ゴボウはイヌリンや繊維質のセルロースやリグニンの含有量がとても多く、いずれも便秘の解消や整腸に効果的といわれています。カリウムやマグネシウム、亜鉛、銅などのミネラルも含まれているので、ほかの栄養素と助け合って体を健康に保つことができます。

 食材は多く入れると様々な味が重なっておいしさを増すので、煮物は具だくさんで作るといいですね。圧力鍋などを使うと、根菜類も軟らかくできます。おいしい煮物を楽しみましょう。

[作り方]

(1) 厚揚げとコンニャクは6~8等分に切り、下ゆでしておく。シメジは小房に分け、ゴボウとニンジンは食べやすい大きさに切る。コマツナは下ゆでしてから、水で冷やして絞っておく。

(2) 鍋にコマツナ以外の材料と調味料を入れ、落とし蓋をして中火で15分、できれば40分以上煮る。仕上げにコマツナを入れて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事