文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

じんましん…原因特定へ まず問診

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 皮膚の一部が突然、蚊に刺されたように赤く腫れる「じんましん」。ありふれた病気だが、つらいかゆみが長引き、生活の質を著しく落とすこともある。最近では、症状に応じて様々な治療薬が選べるようになった。一人で悩まずに、しっかりと医師による診察、治療を受けることが大切だ。(編集委員 古川恭一)

じんましん…原因特定へ まず問診

 皮膚の表面(表皮)の下にある血管の周りには、免疫反応にかかわる「肥満細胞」が散らばる。この細胞が何らかの刺激を受けると、ヒスタミンと呼ばれる物質を出す。ヒスタミンによって、血液の液体成分( 血漿けっしょう )が漏れて皮膚が腫れたり、赤みを帯びたりする。一方、神経に作用するとかゆみを招く。

  長引くケースも

 腫れの大きさは、1、2ミリ程度から、手足全体に広がるものまで様々だ。多くは数十分~数時間で治まるが、数日間、続く場合や、腫れが出たりひいたりして年単位に及ぶケースもある。かきむしれば、患部が広がり、かゆみが増すこともある。

 ヒスタミンの放出を引き起こす刺激の原因には、エビやカニ、ソバなどの食品(食物アレルギー)、抗生物質などの薬剤、ベルトなどによる皮膚の圧迫やこすれ、日光などの刺激、入浴や運動時の発汗などが挙げられる。疲労やストレスも引き金になる。

 実は、じんましん全体の4分の3は原因がよくわからない「特発性」だ。症状が6週間以内に治まれば急性、それ以上続けば慢性に分類される。

 原因を突き止めるにはまず、問診で発症前に食べたものなどを医師に伝え、推定される原因を絞り込む。アレルギー性の疑いがあれば、原因と思われる物質を腕の内側にたらして針で突いたり、注射したりして反応をみる皮膚テストや血液検査を行う。

 圧迫やこすれなどの刺激が疑われるケースは、同じ刺激を加えて確かめる。

 特発性とみられる場合は、血液検査で別の病気ではないことを確認して、治療に進む。

 治療は、ヒスタミンの働きを抑える「抗ヒスタミン薬」の服用が基本となる。効果が少ない場合は、胃薬やアレルギー性鼻炎薬としても用いられる薬を使う。重症なら免疫抑制剤「シクロスポリン」や、同様の働きがある「ステロイド」を使うこともあるが、慎重に処方される。

  新たな保険適用薬

 2017年、抗ヒスタミン薬の効果が不十分な特発性の慢性じんましん患者に対し、「オマリズマブ(商品名ゾレア)」が新たに公的医療保険の適用となった。肥満細胞からヒスタミンが放出される働きを抑える。効果は高いが、月3万円近くかかる(自己負担3割の場合)。

 神戸大皮膚科講師の福永淳さんは、「じんましんの診断では、最初の問診がとても大切です。違う病気が隠れている恐れもあるため、発症前2時間程度の間にしたことをよく思い出して医師に伝えてほしい。慢性でも、数年の治療で完治することもあるので、しっかりと病気と向き合いましょう」と話している。

 なお、ストレスは症状を悪化させるため要注意だ。過度の飲酒や睡眠不足を避け、生活習慣を整えることを心がけよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事