文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

精子に隠された「不都合な真実」

コラム

あなたの精子は本当に「問題なし」? 隠れた異常が不妊の原因かも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 みなさん、初めまして。精子研究に長年携わってきた東京歯科大学市川総合病院(千葉県市川市)・精子研究チーム5人の共同執筆で、この連載を始めることになりました。

 現在の不妊治療の主流は、精子や卵子、受精卵を体の外で扱い、人工的に受精や妊娠を促すというものです。難しい医学用語で「生殖補助医療(assisted reproductive technology=ART)」と呼ばれます。

 ARTのTはテクノロジー。私たちのチームは慶応大病院産婦人科、泌尿器科の男性不妊班がルーツであり、「ヒト精子取り扱い技術」を研究してきました。聞き慣れない言葉ですが、具体的には、授精に使う精子を精液から選別し、さらに、その精子の機能や形を細かく検査することで、生まれてくる子供の健康につなげようという研究です。初回は、この連載を通して私たちが伝えたいことの全体像を、コンパクトにまとめてお話しします。

技術の進歩で様々な「隠れ造精機能障害」が明らかに

あなたの精子は本当に「問題なし」? 隠れた異常が不妊の原因かも…

 まず始めにお伝えしたいのは、「不妊は、女性側の問題」とされがちですが、実は「男性側が原因で妊娠が難しいご夫婦」は、みなさんが思っているよりずっと多いことです。

 不妊の原因が男性にある場合、そのほとんどは精巣内で精子をうまく造れない「造精機能障害」です。工場の製造ラインにたとえて説明しましょう。

 まず一つ目のケースは、良い精子を造る正常な製造ラインが、生まれつき一部しか精巣内にない場合です。

 二つ目は、生まれた後、様々な原因で製造ラインに故障が起きた場合です。原因として、おたふくかぜなどの病気や強い薬の影響などがありますが、もっとも多いのは (せい)(さく)(じょう)(みゃく)(りゅう) という血管の異常です。こうしたケースでは、故障の原因と程度により、精子の生産量が減ったり、形態や機能がおかしい不良品の割合が増えたりします。

 三つ目は、精子の設計図、すなわち遺伝子に誤りがある場合です。

 三つのケースとも、単に生産量が減るわけではなく、造られた精子に様々な異常が表れます。一つ目と二つ目のケースでは、正常な製造ラインがある程度残っていれば、私たちが研究してきた精子選別技術が力を発揮します。

 三つ目の遺伝子の問題の場合、造られた精子に様々な異常が起き、重症になると精子をまったく造れない無精子症になります。運動機能が正常な精子を選別したのに、高い割合で共通した異常を認める場合、遺伝子の問題が背景にある可能性が疑われ、私たちにできることは限られます。

 みなさんは、「技術の進歩」という言葉にプラスのイメージを持っていると思います。病院で検査をするのは、悪いところを見つけるためです。検査項目が増え、その精度が向上すると、今まで見えなかった異常が見えてきます。従来の基準では「良好」とされてきた精子でも、より細かく検査すると様々な異常が見つかります。それが治せない異常である場合、それまで医師から「精子は大丈夫です」と言われてきた男性が突然、「妻を妊娠させられない夫」になってしまいます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

seishi-shinjitu

精子に隠された「不都合な真実」

兼子 智(かねこ・さとる)
東京理科大大学院、慶應大大学院修了。薬学博士、医学博士。東京歯科大市川総合病院産婦人科非常勤講師


黒田 優佳子(くろだ・ゆかこ)
慶應大医学部卒、同大学院修了。医学博士。「黒田インターナショナル メディカル リプロダクション」院長


萩生田 純(はぎゅうだ・じゅん)
慶應大医学部卒。博士(医学)。東京歯科大市川総合病院泌尿器科講師


中川 健(なかがわ・けん)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院副院長、泌尿器科部長、副リプロダクションセンター長


高松 潔(たかまつ・きよし)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院産婦人科部長、リプロダクションセンター長

精子に隠された「不都合な真実」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

質問です

まりりん

とても興味深く拝見させていただきました。 不妊専門クリニックに通っている者です。 精液検査で精子の数・運動率・奇形率等を調べる検査はどの不妊専門...

とても興味深く拝見させていただきました。
不妊専門クリニックに通っている者です。
精液検査で精子の数・運動率・奇形率等を調べる検査はどの不妊専門クリニックも行っていると思いますが、精子研究チームのみなさんが開発された方法ではそういったクリニックで正常とみなされた精子が実は奇形であるかどうかが判別できるということでしょうか?
不妊大国日本で、こういった新たな研究がなされているのは大きな進歩につながると思います!今不妊で悩んでいる人に情報が届けばいいなと思うばかりです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事