文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

大人の先天性心疾患(1)「卒業」後は複数の医師で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
大人の先天性心疾患(1)「卒業」後は複数の医師で

ギターを手に歌の指導をするシンタロー.さん(右)

 福岡市にある音楽教室で7月、60歳代の女性が歌のレッスンを受けていた。時折、笑顔で正しい音程を示すのは、講師でシンガー・ソングライターのシンタロー.さん(35)。この教室などで週4、5回、2歳から70歳代の生徒に歌やギター、ピアノなどを教えている。

 シンタロー.さんは生まれながらに重い心臓病を患う。左心室から始まる大動脈が、通常と異なり、右心室につながっている。少し走っただけで息が切れる。放っておくと命に関わるため、1歳半の時から手術を繰り返した。

 中学校で吹奏楽部に入った。振り返れば、入院中は、いつも枕元から流れる音楽に癒やされていた。「音楽で人に生きる希望を与えたい」。高校は音楽科に進み、ピアノや発声法を学んだ。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事