文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

渡辺専門委員の「しあわせの歯科医療」

コラム

この歯は本当に、抜かなければいけないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「この歯はもう抜いた方がいいですね」と歯科医で言われたことはないでしょうか。歯周病が進み、歯がぐらぐらしている状態。日本人が歯を失う原因で最も多いのは、虫歯ではなく歯周病ですが、「抜いて、インプラントにした方が」とまで言われると、本当に抜かなければいけないのかと疑問がわいてくるかもしれません。では、抜かざるを得ないとはどういう状態なのでしょうか。

この歯は本当に、抜かなければいけないのか

 そんな歯を持つ患者の、 口腔(こうくう) 内写真とエックス線写真です。

 【写真1】の真ん中の歯は、根が長く見えます。【写真2】のエックス線写真では右から2本目です。この患者は、歯がぐらぐらと揺れ、「抜いた方がいいです」と歯科医に言われ、なんとか残す方法はないかと、歯周病が専門の「ともこデンタルクリニック」(東京・世田谷)を受診しました。院長の武田朋子さんは、「問題の歯の歯周ポケットの深さを測ると、6ミリという重症の基準を大きく超える10ミリ。根元にある白く見えるのは (うみ) です。エックス線写真を見ると、歯の両側が黒く見えますね。歯周病菌のせいで、歯を支える歯槽骨が根元近くまで溶けているのがわかります」と説明しています。

歯が残せるかどうか、歯槽骨の状態などで診断する

 この歯はやはり抜かなければいけないのでしょうか。歯周病が専門の東京医科歯科大名誉教授の和泉雄一さんは「判断の基準は、どのような形で歯槽骨が残っているか」と言います。

 歯周病では、細菌の感染による炎症で歯と歯茎の隙間にポケットができ、歯を支える歯槽骨が溶けていきます。骨がなくなっていくことを「骨が吸収される」と言い、重症度は、ポケットの深さや歯槽骨の吸収の状態で診断します。【写真1、2】の歯は根に沿って縦方向に、垂直的に骨が吸収されたケースです。 

 「垂直的な吸収だと歯を助ける望みはありますが、水平的に周囲の骨全体が吸収されていると最低でも歯の根の4分の1程度まで歯槽骨が残っていないと難しい」と和泉さんは言います。水平的な骨の吸収を示すのが、【写真3】です。歯槽骨は赤い線の位置で、根の3分の2ぐらいまで全体的に下がっています。歯の先の白く見えるのは、かぶせ物です。歯周病の進行を防ぐために連結させ、歯がぐらぐら動くのを抑えています。

id=20190910-027-OYTEI50002,rev=4,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

【写真3】赤線の位置まで全体的に歯槽骨の吸収が進んでいる

 歯槽骨の吸収の進み方は人それぞれですが、和泉さんは「歯周病を専門にする歯科医なら、診断に違いはないでしょう」と言います。しかし、10万人余りの歯科医のうち、歯周病治療に習熟している人は、一部でしかありません。残せるか残せないかは、患者自身の意向と同時に、歯科医の考え方、技術や経験にも左右されます。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

★【完成版】しあわせの歯科医療2 300-300

渡辺勝敏(わたなべ・かつとし)
読売新聞記者(メディア局専門委員)。1985年入社。 秋田支局、金沢支局、社会部を経て97年から医療を担当。2004年に病院ごとの治療件数を一覧にした「病院の実力」、2009年に医療健康サイト「ヨミドクター」を立ち上げた。歯科については歯茎や歯根があやしくなってきた10年来、患者としても関心を持たざるを得なくなっている。立命館大学客員教授。

渡辺専門委員の「しあわせの歯科医療」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事