文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

聞こえるのに理解できない障害…平野浩二・ミルディス小児科耳鼻科院長

インタビューズ

「会議の声が聞き取れない」「電話だと話がわからなくなる」…聞こえるのに理解できない障害「APD」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「英語のリスニング」「飲み会」が苦手

「聞こえているのに聞き取れないAPDがラクになる本」(あさ出版 1600円税別)

 ――他には、どんな人が?

 ピアニストの人がいました。音楽家ですから、聴覚に問題はないわけです。困るのは、楽器の音が響いている中での、スタッフとの打ち合わせでした。

 省庁にお勤めの人もいました。海外勤務の話があるのですが、外国語を聞き取るのがどうしても苦手で、「APDと診断されたら、転勤は断る」とのことでした。外国語の読み書きはよくできても、それを聞き取るのが難しいのです。APDでは、学校の勉強で「英語はよくできるのに、リスニングとなると極端に苦手」というケースがあります。この人は、結局、国内に残ることにしました。

 また、外資系企業に勤務し、対面で英語を話す時には問題ないのに、海外とつないだウェブ会議では、スピーカーから出てくる英語が理解できない人もいました。同様に、テレビや電話から聞こえる声が聞き取れない人もいます。「会議の議事録をとることができない」という会社員もいましたね。本人も周囲も障害に気付かないまま、「仕事ができない人」という評価を受けてしまい、自信を失うケースも珍しくありません。

 このように、雑音がある、複数の声が聞こえる、話すスピードが早い……といった状況での聞き取りが難しいわけですから、「一番苦手なのは飲み会」と言う人もいます。

〈APDの人の特徴〉
  • 聞き間違いが多い
  • 音は聞こえるのに、言葉が聞き取れない
  • うるさい場所では相手の話がわからなくなる
  • 電話で相手が何を言っているかわからない
  • 「ちゃんと聞いているのか」と注意されることが増えた
  • 複数の人が話していると何を言っているのかわからない
  • 仕事でお客さんの注文が聞き取れない

「聞こえているのに聞き取れないAPDがラクになる本」から抜粋

当事者の会も発足

  ――障害の原因はわかっているのですか。

 よくわかっていません。聴力ではなく、脳の機能に問題があるといわれています。発達障害の人の半数にAPDが見られるという研究もあり、だとすれば、人口の1~2%を占めることになります。ただ、私が診察している中で、発達障害もあると見られる人はむしろ少なく、APDの実数はもっと多いのではないかとも感じています。

  ――学校や会社でAPDの人たちを支えるには、何が必要でしょうか。

 私のクリニックに全国から患者さんが来ることを考えると、この障害を診療する医師が各地に増えてほしいですね。障害の認定はできませんから、制度面での支えはありません。ただ、それぞれの職場で、騒音のない静かな環境にし、メモでのやりとりを併用するなど、ちょっとした配慮があれば問題なく働けることもあります。

 東京などでは、当事者の会もできています。APDの人同士が支え合う、このような会が全国に広がっていけばいいと思っています。

平野浩二(ひらの・こうじ)さん

平野浩二(ひらの・こうじ)
耳鼻咽喉科専門医。ミルディス小児科耳鼻科院長。
東北大卒。手話による聴覚障害者の診療を手がける。APDについては、東京都江東区の亀戸小児科耳鼻咽喉科で週1日、診察を行っている。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

インタビューズ

インタビューズ
 

インタビューズの一覧を見る

5件 のコメント

コメントを書く

脳機能と表現能力の不思議 常識の幅

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

古典的な盗聴阻止の手段は雑音を流すことです。 我々はロシア語を聞き取ることは困難ですが、音として聞くことはできます。 その理解の精度や速度はトレ...

古典的な盗聴阻止の手段は雑音を流すことです。
我々はロシア語を聞き取ることは困難ですが、音として聞くことはできます。
その理解の精度や速度はトレーニングを受けても人それぞれでしょう。
それが母国語だと困難であるという話です。

病名のレッテルはメリットとデメリットがあります。
その辺がどうなるかですね?
今後も啓発活動と共に解決策の共有が重要です。

音楽が得意か、読み書きが得意かの違いであって、個性でしょう。

実際、同じ言葉でも、思い浮かぶ言葉や意味は厳密には違いますから、「普通」の持つ意味や幅の多様性を考えるということなのかもしれません。

我々、サッカーや医療フィルム読影の上級者からすると、同じ言語の一般人より、言葉の異なる専門家同士の方が話が通じることがよくあります。
それは、頭の中でイメージする内容が似通っているからですね。
ひょっとすると、そんなところにも、システムや補助具のヒントがあるのかもしれません。
一般人と我々のどちらが異常かわかりませんが、どちらも快適に過ごせればいいわけです。

つづきを読む

違反報告

泣きました

葉っぱちゃん

記事のタイトルを見た瞬間に、涙が出ました。周りの人から理解されず1人で悩み、何年も「私だけ?」「世の中に、同じ悩みの人は居ないの?」と思いながら...

記事のタイトルを見た瞬間に、涙が出ました。周りの人から理解されず1人で悩み、何年も「私だけ?」「世の中に、同じ悩みの人は居ないの?」と思いながら生きて来ました。
記事の内容を読んで、「これだ!」と確信してまた泣きました。

主人に話して相談し、病院へ行こうと思います。

つづきを読む

違反報告

まさに

さな

自分が悩んでいることがまさにこれです!ガヤガヤした場所での会話についていけないので、言っていそうなことを頭で補完して相槌を打つ癖ができてしまって...

自分が悩んでいることがまさにこれです!ガヤガヤした場所での会話についていけないので、言っていそうなことを頭で補完して相槌を打つ癖ができてしまっています。英語のリスニングも苦手。でもヘッドフォンを付けてのリスニングだと劇的に改善します。同じように悩む人がいるとわかって、長年のモヤモヤが少しすっきりしました。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

聞こえるのに理解できない障害…平野浩二・ミルディス小児科耳鼻科院長

最新記事