文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

聞こえるのに理解できない障害…平野浩二・ミルディス小児科耳鼻科院長

インタビューズ

「会議の声が聞き取れない」「電話だと話がわからなくなる」…聞こえるのに理解できない障害「APD」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「声は聞こえているのに、何を言っているのかわからない」「1対1なら問題ないのに、集団になると会話が聞き取れない」――そんな悩みを抱えた人が、あなたの近くにいるかもしれない。仕事や学業で、人知れず困難に直面している「APD(聴覚情報処理障害)」の人たちについて、ミルディス小児科耳鼻科(東京都足立区)の平野浩二院長に聞いた。(聞き手・梅崎正直)

耳鼻科医にも理解されず

  ――APDの人たちと関わるようになったのは、どのようなきっかけからですか。

 以前から、「聞こえが悪い」と訴えて受診するのに、聴力検査をすると異常がない患者さんが、年に1人くらいはいらっしゃったんです。しばらく前に、そうした症状のある人がSNSで発信しているのを見つけ、同様の悩みを持った人がたくさんいるのを知りました。学会で名前を聞いたことがあるくらいだったAPDの人が、実はたくさんいるのだと再認識しました。

 このことについて、ブログで書いたところ、患者さんからの反響が集まるようになりました。耳鼻科に行っても「相手にされなかった」「バカにされた」という経験をし、多くの人が苦しんでいました。耳鼻科医ですら知らないこの障害への理解を広げていく必要性を痛感し、1年ほど前にAPDに関するサイトを作り、このほど、著書「聞こえているのに聞き取れないAPDがラクになる本」(あさ出版)を出版したのです。

  ――クリニックでAPDの人を診察することも多いのですか。

 この1年で約200人の患者を診察しました。この障害を診る医療機関が少ないため、問い合わせは全国からあります。北海道や九州から来院した患者さんも診ましたし、アメリカから帰国した際に受診した人もいました。

救急の現場 口頭での指示が聞き取れず

平野浩二院長

  ――患者さんは、診察でどのような話をされるのでしょう。

 学生の時には、本人も気付いていなくて、いざ就職してから、上司の指示がわからなかったり、会議の時に困ったりすることが多いようです。1対1で会話をするのには問題ないのに、多くの人と話す場面や、騒音がある中では、人が話す内容を聞き取れなくなるのです。

 若い救急救命士が受診されました。3年間学校に通い、あこがれていたこの仕事に就いたばかりでした。ところが、走る救急車の中は、ガタガタと走行音がうるさいし、機器の音も激しく鳴り響きます。そのような中で、口頭での指示がバンバン来るわけです。それが聞き取れず、困っているようでした。学生の頃から、APDの特性に気付いていれば、職業選びも違ったものになっていたかもしれませんが、せっかく希望通りの仕事に就けた後ですから、つらいですよね。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

インタビューズ

インタビューズ
 

インタビューズの一覧を見る

6件 のコメント

コメントを書く

この症状でした

yasu

自分の症状もまさにこのとおりです。 私の場合は、幼少から少し症状がありましたが、 50を過ぎたあたりから、ひどくなったような気がします。 対処法...

自分の症状もまさにこのとおりです。
私の場合は、幼少から少し症状がありましたが、
50を過ぎたあたりから、ひどくなったような気がします。
対処法があれば、教えてほしいです。

つづきを読む

違反報告

脳機能と表現能力の不思議 常識の幅

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

古典的な盗聴阻止の手段は雑音を流すことです。 我々はロシア語を聞き取ることは困難ですが、音として聞くことはできます。 その理解の精度や速度はトレ...

古典的な盗聴阻止の手段は雑音を流すことです。
我々はロシア語を聞き取ることは困難ですが、音として聞くことはできます。
その理解の精度や速度はトレーニングを受けても人それぞれでしょう。
それが母国語だと困難であるという話です。

病名のレッテルはメリットとデメリットがあります。
その辺がどうなるかですね?
今後も啓発活動と共に解決策の共有が重要です。

音楽が得意か、読み書きが得意かの違いであって、個性でしょう。

実際、同じ言葉でも、思い浮かぶ言葉や意味は厳密には違いますから、「普通」の持つ意味や幅の多様性を考えるということなのかもしれません。

我々、サッカーや医療フィルム読影の上級者からすると、同じ言語の一般人より、言葉の異なる専門家同士の方が話が通じることがよくあります。
それは、頭の中でイメージする内容が似通っているからですね。
ひょっとすると、そんなところにも、システムや補助具のヒントがあるのかもしれません。
一般人と我々のどちらが異常かわかりませんが、どちらも快適に過ごせればいいわけです。

つづきを読む

違反報告

泣きました

葉っぱちゃん

記事のタイトルを見た瞬間に、涙が出ました。周りの人から理解されず1人で悩み、何年も「私だけ?」「世の中に、同じ悩みの人は居ないの?」と思いながら...

記事のタイトルを見た瞬間に、涙が出ました。周りの人から理解されず1人で悩み、何年も「私だけ?」「世の中に、同じ悩みの人は居ないの?」と思いながら生きて来ました。
記事の内容を読んで、「これだ!」と確信してまた泣きました。

主人に話して相談し、病院へ行こうと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

聞こえるのに理解できない障害…平野浩二・ミルディス小児科耳鼻科院長

最新記事