文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

五十嵐康彦の「足裏もみで美しくなる!」

健康・ダイエット

「不眠」手の甲で優しくなでてリラックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 皆さん、こんにちは。指圧・マッサージ師の五十嵐康彦です。寝付きが悪かったり、夜中に何度も目が覚めたりする「不眠」に悩む人も多いですね。今回は「不眠症」に効果のある反射帯(ゾーン)をご紹介します。

 不眠症になると、日中の集中力が下がったり、疲労感が増したりと、日常生活に支障が出ます。さらに、高血圧や糖尿病、脂質異常症、うつ病などが起こりやすくなると言われています。

 精神的なストレスから来る神経性のものが大半だと言われており、これも一種の文明病でしょう。几帳面きちょうめんで、責任感の強いタイプに多く見られます。そこで、心と体を優しく癒やしていくことが改善につながります。

頭が疲れると、足の親指が硬くなる

 「不眠症」に効くゾーンは「頭部」「足の裏全体」「生殖器」です。足裏のゾーンでは、「頭部」は親指全体です。物事に悩んだり、忙しくて、考えなければならないことがたくさんあったりと、現代人の頭は疲れています。不眠を訴える人の足を触ると、必ずといっていいほど親指が硬くなっています。しっかりもみほぐしましょう。

 

 

 順番にもみほぐし方を説明します。足裏もみは右足から行っていきます。モデルの佐藤由季さんが実演している動画も併せてご覧ください。

 

頭部ゾーン 両手の親指の先で交互に押して、もみほぐします。
足の裏全体 手の甲側の指先で下から上へ優しくなでます。
生殖器(不眠)ゾーン ビールなどの瓶で小刻みにたたきます。

 

 「足の裏全体」は優しくなでることを意識しましょう。手の甲側を使うほうが、力が抜けて、より自然にできます。パートナーにやってもらってもよいでしょう。

ビール瓶でトントントン……

 今回初めて、小道具として「(ビールなどの)瓶」が登場しました。かかとの皮は面の皮より厚いんです。そのため、瓶などを使うほうが、手も疲れず、効果的に刺激することができます。

 ところで、なぜ「生殖器」を刺激することが不眠症に効果的なのか。はっきりしたことは分かっていません。ただ、東洋医学では、精神的なストレスの深層には性的な欲求不満があると考えられています。そこで、ここを柔らかく刺激することで、ストレスを軽減させていくというわけです。不眠症に効くとされる「失眠」というツボも、この生殖器のゾーンと重なっています。

 柔らかく、あくまでも柔らかく、一定のリズムで「トントントン……」とたたきます。電車に乗ってガタンゴトンと一定のリズムで揺られていると眠たくなりますね。一定のリズムというのが安らぎをもたらすのです。

マッサージは足をほめるように

 時々、マッサージのお客さんから「強くもんでくれ!」と言われることがあります。私も断れなくて強くやることもありますが、本当はそんなに強くやらないほうがいいのです。

 閾値いきちというのをご存知ですか。神経や筋などに興奮を生じさせるために必要な刺激の最小値のことです。閾値を超えると、刺激の大きさに関係なく興奮の値は一定になります。つまり、指の圧が強いほど、痛く感じるほど、効果が上がるということではありません。むしろ、過ぎたるは害になります。

 よくテレビで、タレントさんがマッサージを受けて、痛さのあまり絶叫しているのを見かけますが、そこまで強くやらなくていい。マッサージは足をいたわるようにやってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

igarashi_ashimomi

五十嵐康彦の「足裏もみで美しくなる!」

五十嵐康彦(いがらし・やすひこ)

指圧・マッサージ師。1941年神奈川県生まれ。本格的なヨガの指導を受けた後、ヨーロッパ、アジア各国で修行。反射帯治療(ゾーン・セラピー)と出会う。帰国後、反射帯刺激健康法を確立、実践し、テレビや雑誌等で幅広く活躍。著書に「決定版 足もみで超健康になる!」(河出書房新社)、「足うらゾーンマッサージ」(主婦の友生活シリーズ)など多数。


satouyuki

【モデル】佐藤由季(さとう・ゆき)

1988年千葉県生まれ。フリーアナウンサー。学習院女子大学卒、2014年ミス・ユニバース・ジャパン千葉大会「準グランプリ」受賞。健康やスポーツへの関心も高く、日テレ学院などでのウォーキング講師も務める。現在、BS日テレ『コーポレートファイル』ナビゲーター、日テレジータス『ジャイアンツプレ&ポストゲームショー』、千葉テレビ『ウィークリー千葉県』、bayfm『プレシャスレポート』等でリポーターとしてレギュラー出演中。

五十嵐康彦の「足裏もみで美しくなる!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事