文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

サンマの塩パスタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日はサンマを味わうレシピ「サンマの塩パスタ」のご紹介です。

 秋の味覚を代表するサンマ。冷凍がよく出回っているので時期に関係なくスーパーでみかけますが、秋が旬の魚であるサンマは、やはり生で食べてほしいですね。その理由は「脂ののり」。生の方が脂がのっていて、うま味が違うのです。シンプルに塩焼きでおいしい食材です。その味はパスタにも相性抜群。野菜も一緒においしく食べられます。

 材料で注目したいのがミニトマト。トマトの種のまわりは、ゼリー状の水分が詰まっています。そこに、うま味成分であるグルタミン酸が多く含まれています。トマトには抗酸化作用のあるリコピン、βカロテンやビタミンCがあり、元気に毎日を過ごす栄養であると言われています。血圧調整やむくみ解消に効果のあるカリウムや、疲労回復効果のあるクエン酸などもあり、サラダなどでも積極的に食べていきたい野菜です。

 ちなみに給食では、サンマを1cm幅ほどの短冊切りにして揚げています。小さいカットの方が、苦手な子どもも食べやすいからです。冬になると、魚を旬のものに変更して、野菜は同じものを使い、スープを多めに入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけて、あんかけスパゲティにしています。食べやすいパスタだからこそアレンジもできて、野菜も魚もたっぷりと入れられます。おいしい大人の給食アレンジレシピを楽しみましょう。

[作り方]

(1) サンマにニンニクチューブをあっさりとつけ、片栗粉をふって衣付けをする。オリーブ油半分(大さじ2)を使用して、フライパンに入れたらサンマを焼いて、火を通しておく。

(2) ニンジンは千切り、キャベツは短冊切り、タマネギは繊維を断ち切る薄切りにする。シメジは小房に分け、モヤシはよく洗い、ミニトマトは4分の1に切る。コマツナは下ゆでして水気をよく絞り、短冊切りにする。パスタはゆでておく。

(3) フライパンからサンマを取り出し、そのまま中火で野菜をいためる。火が通ったらパスタと調味料を入れ、ここでオリーブ油の残り(大さじ2)を入れる。強火で30秒いためて完成。お皿に盛りつけ、サンマをのせる。仕上げにパセリをかける。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事