文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

ピルと向き合う(1)月経と重なり受験失敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「生理で人生が狂うなんて……」。センター試験に月経が重なった。毎回、寝込むほどの症状に見舞われてきた。この時も頭痛にだるさ、多量の出血。特に腹痛がひどく、おなかも壊し、何度もトイレに行った。

 東京都内に住む大学2年生のAさん(21)は2年前の春、希望の大学に合格できず浪人した。「勉強不足は否定しないけど、よりによって、なぜこのタイミングなのって思いました」

 低用量ピルを飲もうと考えた。女性ホルモンを調整して排卵が起こらないようにし、子宮内膜が厚くなるのを抑える。月経前後の腹痛や下痢といった月経困難症の治療や、避妊の目的で、毎日服用する飲み薬だ。

 高校の保健の授業でこの薬について学んでいた。母親に説明したが、副作用への懸念や、「性に奔放な人が飲むイメージ」が強く、理解を得られなかった。お小遣いを握りしめて一人、婦人科を受診した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事