文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

医療・健康・介護のコラム

依存、DV、離婚…「呪われた一族なんです!」と訴えた48歳シングルマザー 家系図が語った「本当のこと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

元夫は子どもたちにも暴力

w美さんジェノグラム

w美さんジェノグラム

 W美さんがショックを受けたのは、家系図に離婚する夫婦がやけに多いことだった。

 家系図に登場する男たちの多くは、暴力やお酒、ギャンブルに依存していた。女たちはまた、そういう情けない男たちに振り回され、暴力を振るわれ、不幸な人生を送るか、離婚するかというパターンが多かった。彼女自身も、DVを振るう夫と十数年前に離婚している。

 「おまけに、『うつ病』や『自殺』が多いんですよ!」

 とW美さんは嘆く。

 「うちの一族は、みんな病気なんでしょうか? 呪われているんでしょうか? 私や子どもたちも、そこから逃れられない運命なんでしょうか?……」

 彼女はこの結果にひどく驚き、悩み、苦しんでいる様子だった。

 彼女の元夫は、子どもたちにも暴力を振るっていた。毎日、おびえたような目をして夫の挙動を見つめている子どもたちの姿が、あらためて鮮明によみがえってきて、W美さんは涙をこぼした。

 W美さんはしばらく、個別のカウンセリングを受けることになった。自分の人生と、家族の問題を、専門家とともにもう一度考え直したい。彼女がそれを強く希望したのだ。

「がんばってきた成果」に気づいて

 そうして、半年が経過した。外来を訪れたW美さんは、前より少し元気そうにみえた。

 「先生、あれからいろいろ悩みましたよ。子どもたちに怖い思いをさせたこと、離婚して苦しめたこと……私の生き方は本当にこれでよかったのか、本当に悩みました。あるとき、カウンセラーの先生から大切な指摘を受けたんです。『確かに、この家系図には、離婚やうつ病や自殺が多いですね。でも、あなたのお子さんたちはどうですか? だれもメンタルの外来にかかっていない。だれも離婚していない。それはご自身が、これまでがんばってきた成果なんじゃないでしょうか?』って。ああ、そういえばそうだ!と気がつきました」

 この言葉で、今までずっとわだかまっていたことが、急にストンと胸に落ちた。W美さんは、母親のようになりたくはなく、祖母のようにも生きたくなかった。「何が起ころうと、子どもたちを守ってやるんだ」と思って、これまでがんばってきたのだ。それは、間違いじゃなかった。

 「子どもたちがこれからどうなるか、まだまだわかりません。でも確かに、母や祖母とは違った人生を歩んでいる。私の一族が背負っている危険な傾向って、やはり怖い。でも、私の代で断ち切ることもできる。『ジェノグラム』はそのことも教えてくれているんだ。そう思うと、心の中の雲が晴れて、何だか気持ちが明るくなりました」

 W美さんは一気にそう話したあと、少しホッとした笑顔をみせてくれた。「この外来も、もう卒業間近かな?」。私はそう考えていた。(梅谷薫 心療内科医)

 *本文中の事例は、プライバシーに配慮して改変しています。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)

 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事