文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

1件 のコメント

コメントを書く

胃ろうを作る判断

ハナハナ

母は4年前クモ膜下出血で倒れ現在在宅介護をしています。
母は今年4月に胃ろうを作りました。
作るまでに1ヶ月位悩みました。

ネットには批判の投稿ばかりだったからです。
最終的には医師に相談しました。
「延命の為だけなら作りません」と言って母の現在の状態を話しました。
医師からは「多少のQOLが出来、多少の意思疎通が出来ているので、延命では無くQOLを維持する為に作る選択肢は有ると思う、でも作ったからと言って予後は分からない」と言われて作りました。
作って5ヶ月ですが今はステーキを食べるまで回復しました。
補装具を付け介助しながら10メートル位歩くまでになりました。
胃ろうによって栄養と水分が入ったおかげだと思っています。

でもそこまで回復させる為に毎日少しづつ柔らかいものから徐々に硬さを変え、食べなくても3食作り、食事の時は必ず車椅子に座らせ、歯磨きをして、と毎日リハビリをしました。
胃ろうは作った後がとても大変です。
家族が胃ろうを作っても、いつか口から食べさせてあげたいという思いが無いと結局はベッドに寝たきりで、時間が来たら栄養と水分を入れ、とただ生かされている状態になってしまいます。
投稿がどんなに批判的でも、家族が頑張れるなら胃ろうは有りだと思います。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。