文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPS由来の角膜細胞、阪大が患者に移植…世界初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
iPS由来の角膜細胞、阪大が患者に移植…世界初

 大阪大は29日、他人の細胞をもとにしたiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った目の角膜の細胞シートを、重い目の病気「角膜上皮幹細胞疲弊症」を患う40歳代の女性患者の左目に移植する手術を行ったと発表した。

 手術は7月25日に実施。女性は日常生活に支障がない程度まで視力が改善しているといい、今月23日に退院した。iPS細胞から作った角膜の細胞を移植する手術は世界初。

 西田幸二教授(眼科学)らのチームは、京都大が備蓄しているiPS細胞を角膜の細胞に変え、拒絶反応が起きにくい円形の透明な角膜シート(直径3.5センチ、厚さ0.03~0.05ミリ)に加工。阪大病院で女性の左目から、傷ついて白く濁った角膜の表面部分を切除し、シートを移植した。女性は両眼が失明に近い状態だったが、左目は本や新聞が読める程度まで視力が回復しているという。

 従来の治療では、亡くなった人から提供される角膜を移植しているが、手術後、強い拒絶反応で移植した角膜がはがれ落ち、1年以内に再び見えなくなるケースが多いことが課題だ。

 チームによると、iPS細胞から作ったシートは長い治療効果が期待できるという。今回は治療の安全性や有効性をみる臨床研究のため、移植は左目だけに行い、1年間かけて経過を観察。来年度までに、さらに成人患者3人に手術を行う。iPS細胞を使った移植手術は、国内では今回が3種類目の病気の治療となる。

 ◆角膜上皮幹細胞疲弊症 眼球の最も外側にある「角膜上皮」が感染症や薬の副作用などで傷つき、角膜を作り出す幹細胞が失われて角膜が不透明になる病気で、失明の恐れもある。漂白剤や油が目に入って発症することもある。国内では年間数百人が発症している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事