文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr .ヒラの「知って安心 市販薬の話」

コラム

市販薬で肝障害 「単剤」なら原因特定できるが、「合剤」だと……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今回は、市販薬に含まれる有効成分の「数」について取り上げます。なお、コラムの最後に、市販薬データ集『クスリ早見帖2019年版』を全国の薬局に無償で届けるためのクラウドファンディングのご案内をさせていただきました。ぜひとも、最後までお読みください。

 イラスト 奥山裕美

イラスト 奥山裕美

 30代の男性。毎日、ランニングをしていました。ある日、段差でつまずき、足首を強くひねり、足首の腫れと痛みでつらい状況になり、市販の解熱鎮痛薬(四つの有効成分が含まれていました)を飲み始めました。

 5~6日ほど服用を続けた頃から、熱とだるさがみられるようになりました。足首の痛みはよくなりつつありましたが、だるさは熱のせいだろうと思い、その市販薬を飲み続けました。しかし、その後も熱とだるさは続き、病院を受診したところ、肝障害があることがわかり、原因について詳しく調べることになりました。

薬物性肝障害 薬の成分が複数あると原因確定できないことも

  肝臓を悪くする原因には、ウイルスやアルコール、脂肪肝などいくつかありますが、医薬品を服用中の患者では薬物性肝障害についても疑う必要があります。

 このケースの患者では、服用していた解熱鎮痛薬をやめたところ、発熱やだるさ、肝障害はいずれもよくなりました。同時に、ウイルスなど他の原因についても異常のないことがわかり、最終的に薬物性肝障害と診断されました。

 薬物性肝障害では、再び同じ成分を含む医薬品を飲むと再発する恐れがあるため、原因となった成分を特定することが重要になります。このケースの方が服用した市販薬には、有効成分が四つも含まれていました。

 有効成分が一つのものを単剤、二つ以上のものを合剤(または配合剤)と呼びますが、合剤の製品には「副作用が出た場合、その原因となる成分を特定しにくい」というデメリットがあります。

 単剤は有効成分がひとつであるため、原因となる成分の特定はシンプルです。しかし、合剤の場合は、複数の成分が候補になるため、どれが原因か、なかなかはっきりしません。どの成分が原因か調べる検査もありますが、検査をしても原因となった成分の確定に至らないことも多いのです。

市販薬はなるべく単剤を選ぶ

  そのため、薬物性肝障害を経験した方は、「その時に服用していた成分すべてを、今後は飲まないように」と指示される場合もあります。これは、その後の人生において、医薬品の選択肢が減ることを意味しますので、できるだけ避けたい状況と言えます。

 このような副作用が万一、発生した場合のことを想定すると、市販薬を選ぶ際は、出来るだけ単剤の製品を選ぶ方がよいのではないかと思います。もちろん、合剤である必要があれば別ですが、いずれにしても市販薬を買う前に成分欄を読むようにし、単剤か合剤かについてもチェックすることをお勧めします。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

dr.hira-prof150

平 憲二(ひら けんじ)
 1966年、宮崎県生まれ。総合内科専門医。株式会社プラメドプラス代表取締役。91年、宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)卒。2001年、京都大学大学院医学研究科博士課程内科系専攻修了(臨床疫学)。03年、京都大学病院総合診療科助手。05年に株式会社プラメド、13年に同プラメドプラス設立。著書に「クスリ早見帖ブック 市販薬354」(南山堂)、「クスリ早見帖副読本 医師が教える市販薬の選び方」(PHP研究所)、「クスリ早見帖ポッケ かぜ・解熱鎮痛・咳止め・鼻炎の市販薬」(大垣書店)。

Dr .ヒラの「知って安心 市販薬の話」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事