文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

コラム

センテナリアン(百寿者)は遺伝か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 毎年、敬老の日を前にして、厚生労働省から100歳以上の高齢者についての発表があります。国が表彰制度を始めた1963年はたった153人でしたが、今や約7万人。平成時代に急増してきました。

自立した100歳超は2割ほど

センテナリアン(百寿者)は遺伝か?

 100歳以上の人を、「センテナリアン」(百寿者)と呼びます。約9割が女性です。長寿は誰もが願うことだと思いますが、「不老長寿」という言葉があるように、長寿だけではいけません。不老の夢は古代から語られ続けてきました。現実には、認知症がなく自立している百寿者は2割ほどです。元気に年齢を重ねるにはどうすればいいのか、健康寿命を延ばすための研究は盛んに行われています。

 中でも先端医学がやっていることには驚かされます。最近の研究者たちは、長寿の原因を突き止めようと、細胞や遺伝子のレベルまで徹底して分析・研究を進めています。その結果、サーチュイン遺伝子などの「長寿遺伝子」がいくつも発見されました。こうなると、老化は自然現象ではなくなります。長寿遺伝子次第で、老化を防げる可能性が出てきたからです。となると、老化は病気と同じことになります。いまや、「老化を病気のカテゴリーに入れよ」とする意見まで出ています。

例外はいるが、寿命は115歳が限度

 しかし、いくら解明が進んでも、これまで、不老を手に入れた人間は一人もいません。どんなに長生きしても、人は、最終的に老いて死んでいきます。

 これまでの人類の最長寿者(ギネス認定)は、ジャンヌ・カルマンさんというフランス人女性(1875~1997)で、122歳まで生きました。

 英科学誌「ネイチャー」は、2016年10月、米アルベルト・アインシュタイン医学校の3人の研究者による「人間の寿命の限界を示す科学的根拠(Evidence for a limit to human lifespan)」という論文を掲載し、議論を呼びました。それによると、人の寿命には限界があり、 (まれ) な例外を除けば、どんなに延びても115歳が限度だとしています。

健康長寿には生活習慣などが大切

 人は何歳まで生きることができるか、というのは興味深いテーマですが、多くの人の望みは、生きている間は元気で暮らしたいといったところでしょう。

 長寿には遺伝的な要因も関係しているとは言え、デンマークの双子調査の結果からは寿命にかかわる遺伝の関与は20~30%と報告されていて、生活習慣などの重要性が指摘されてきました。そうした観点からもセンテナリアンについての研究は、世界中で行われています。

 とくに、生活習慣の面からは次のような共通点があることがわかっています。「幸福感が高く自分の人生を肯定的にとらえている」「毎日必ず体を動かしている」「健康には注意を怠らない」「きちんと食事をとる」「友人、親戚、家族との絆が強い」などです。

 日本は世界的にもセンテナリアンが多い国ですが、「和食」が一つの原因とされています。「魚をよく食べる」「豆腐、納豆、味噌(みそ) などの大豆製品の摂取が多い」などが挙げられています。

地域のあり方も重要

 私は、食習慣だけではなく、地域社会のあり方も重要ではないかと思っています。地域の人々の結びつきが強いと、年をとっても、人々が支えあって元気に暮らせるのです。認知症の発症にも地域間の格差があり、その理由として人とのかかわる機会などが指摘されています。

 再び遺伝子の話になりますが、「TIAL」(Total Immediate Ancestral Longevity)」という指数があるそうです。遺伝的に見た長寿の指標として提案されたものです。これは、両親(父母)と4人の祖父母の(合計6人の)寿命を合計した数値で、人類最長寿者のカルマンさんは477歳(平均79.5歳)で、家系的に長寿だったそうです。

 センテネリアン研究では、100歳を超えるような長寿には、遺伝のかかわりが強いと言われています。そうだとしても子供は親を選べませんから、元気に年を重ねるために私たちにできるのは、暮らしを見直すことです。(富家孝 医師)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

遺伝子と家庭や地域文化の継承

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

遺伝するのは遺伝子ばかりではなく、食生活などの生活パターンですね。 もっとも、日本人に和食が合うのは遺伝子との兼ね合いかもしれませんし、データの...

遺伝するのは遺伝子ばかりではなく、食生活などの生活パターンですね。
もっとも、日本人に和食が合うのは遺伝子との兼ね合いかもしれませんし、データの切り取り方によっては大きな間違いを起こすのではないかという危険性を我々は認識する必要があります。
癌でない人に抗癌剤を積極的には使いません。
それは、毒でもって毒を制するものだと、我々は知っているからです。

多くの和食の特徴としては、自分から離れた属性のものを口にするということでしょうか?
また、調理も簡素なものが多いですね。
洋食は調理だけ、和食は素材だけ、中華は素材も調理も、とか何かで読んだことがありますが、そういう部分も関係あるのかもしれません。

いずれにせよ、極端なことが良くないことぐらいしか断定できる真実もないですし、長寿に固執するあまり人生を楽しめないのであれば意味もありませんので、どんぶり勘定が良いのかもしれないですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事