文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

前立腺がんと生きる(2)自分の下半身と仲良く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
前立腺がんと生きる(2)自分の下半身と仲良く

今年5月、前立腺がんの手術を終え、麻酔から覚めた直後の宮本亜門さん(本人提供)

 テレビ番組の企画で前立腺がんが見つかった演出家の宮本亜門さん(61)は、痛みなどの自覚症状がないまま、今年5月に手術支援ロボット「ダビンチ」による前立腺の全摘手術を受けた。麻酔から目覚めてすぐ、ベッドの上で親指を立てた写真をSNSに投稿し、手術を無事終えたことを報告した。しかし、大変な思いをしたのは、その後だった。

 前立腺を摘出し、その上下にある 膀胱ぼうこう と尿道をつなぎ合わせた。「最初は元気だったんですが、尿道に入れたカテーテル(管)を取ったら、おしっこが出ない。これはいけないと、たくさん水を飲みました」。それでも尿は出ず、やがて体が震えるほどの痛みを感じて、眠れなくなった。

 画像検査で、相当な量の水が体内にたまっていることがわかった。「もう一度、カテーテルを付けることになって、入院が延びました。手術で新しい体を作ったんだな、でも体がまだ適応できていないんだなって実感しました」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事