文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

頸椎の病気…首の神経圧迫 手足しびれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 首の骨( 頸椎けいつい )の中を通る神経を圧迫し、手足のしびれやまひを引き起こす「頸椎症」や「頸椎椎間板ヘルニア」は、日常生活に大きな支障をきたす恐れがある。安静にしているだけでは回復が見込めない場合もあり、早期の受診が必要だ。(諏訪智史)

頸椎の病気…首の神経圧迫 手足しびれ

 骨が変形

 頸椎は、上下に連なった7個の骨でできている。その骨が変形し、中心部を通る神経を圧迫するのが頸椎症だ。圧迫部が脳からつながる中枢神経(脊髄)の場合は「頸椎症性脊髄症」、脊髄から枝分かれした神経の根元(神経根)の場合は「頸椎症性神経根症」と呼ばれる。

 頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎の骨と骨との間に挟まっている椎間板の中身が飛び出し、頸椎症と同じように脊髄や神経根を圧迫する病気だ。

 脊髄が骨や椎間板に押されて刺激されると、両手足がしびれるだけでなく、ひどい場合はまひして動きにくくなり、お箸をうまく使えなくなったり、階段の上り下りが難しくなったりする。神経根が圧迫される場合は、片方の手や腕に痛みやしびれが出ることが多いとされる。

 頸椎症は、頭の重みを支える椎間板の「クッション機能」が加齢で弱まり、骨に負担がかかって変形してしまうことが原因だ。50歳以上に多くみられ、あまり自覚症状がなくても発症の恐れはある。頸椎の骨が変形している人の割合は、60歳以上で8割以上にのぼるとの報告もあるからだ。

 加齢・体質が関係か

 一方、頸椎椎間板ヘルニアは、比較的若い30~50歳代に多い。はっきりした原因が見当たらないケースも目立ち、加齢や体質が関係しているとも言われる。

 治療法は、圧迫されている神経によって異なる。

 神経根の場合は、安静にしているうちに症状が消えることもある。治療は、首を固定する装具(頸椎カラー)や鎮痛薬などを試すのが基本。激しく痛むなら、神経やその周辺に局所麻酔薬を打つ「神経ブロック注射」で緩和できるが、それでも症状が進むようであれば、手術が視野に入ってくる。

 圧迫されているのが脊髄の場合は、適切な治療を受けずに長期間放置すると、手足の状態が元に戻らなくなる恐れがある。安静にしていても回復が困難なケースでは、早めの手術が必要。首の後ろ側からメスを入れ、骨の一部を切除したり形を変えたりして圧迫を取り除く方法が一般的だ。

 圧迫部の位置によっては、首の前側(喉側)から手術することもある。ただし、その場合は、切除した部分に自分の骨盤などの骨を移植し、金属で固定するが、首の動きが悪くなるなどの課題があった。

 このため最近では、一部の大学病院などで「頸椎人工椎間板置換術」が広がりつつある。切除した骨や椎間板の代わりに、金属と合成樹脂で作られたクッション機能付きの「人工椎間板」を入れる方法で、首の動きが保たれるほか、周囲の骨や椎間板の負担軽減も期待できる。

 大阪医科大教授の根尾昌志さんは「手足がしびれたり動きにくくなったりしても、年のせいだと勘違いしている患者は少なくない。自覚症状が強い時や長く続く場合は整形外科を受診してほしい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事