文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

【1】ギャンブルの沼 1 元刑事の転落と再起

シリーズ「依存症ニッポン」

元刑事の転落と再起(中) 関心は「どう借金を解決するか」ではなく、「どうすれば次の借金ができるのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 Aさん(40)が6年ぶりにパチンコ店に足を踏み入れたのは30歳の頃。刑事としての仕事は充実していた。

 「低レートパチスロ」だったら、かつてのような大やけどを負うこともない。

 そう確信しながらやってみると、予想通り、少ない金額でそれなりに遊ぶことができた。

 これなら大丈夫。ゲームセンターのようなものだ。

 その後も数回、低レートパチスロに出かけた。

 だが――。やはり物足りない。かつて、生活破綻ぎりぎりで勝ち負けを繰り広げていた自分の心に、しびれるような勝負への渇望がわき上がってくるのは自明だった。

 気がつくと、かつて夢中になった、ギャンブル性の高い台の前に座るようになっていた。

再び、消費者金融からの借金に

 それ以降は、ギャンブル依存の典型的な展開だった。

 パチンコ店に足を運ぶ頻度は増えていく。最初は非番の日だけだったが、仕事帰りにも立ち寄るようになった。使う金額も、日に日に大きくなっていった。妻から受け取る月数万円の小遣いが底をつくのは、あっという間だった。

 ギャンブルと借金の「前歴」がある自分が、再び同じ過ちに向けて走り出したことなど、妻には絶対に秘密にしなければならない。世間に向けては、「マジメな夫」「仕事熱心な警察官」を貫き通さなければならない。

 そう思う傍ら、理性の 麻痺(まひ) は始まっていた。

 手持ちの資金がなかったある日、とうとう消費者金融で5万円を借り、そのままパチンコ店に出向いた。

 幸か不幸か、15万円ほど勝つことができた。借りた5万円を返してもまだ10万円残る。自分自身の生活を立て直すチャンスだ。ところが、そうは考えなかった。

 「こんなにも勝てる。だったら、5万円の返済は後回しにして、15万円を元手にもっと増やそう」

 最悪の選択だった。

 当然ながら、手元の15万円がスロット機の中に吸い込まれていくのに、たいした時間はかからなかった。

 それを取り返そうと、消費者金融に出向き、再び失い、さらに借金……、ギャンブルではお決まりのスパイラル。負債額が膨らんでいくことは子どもでもわかる。

 絶対に妻に知られるわけにはいかない。休日にパチンコ店に行くために、事件、残業、多忙などと、うそをつき続けた。

 刑事としての仕事はきっちりやっていた。皮肉なことに、その生真面目さがAさんを追い込んでいった。

 仕事に没頭している間は、自分のダメな部分を忘れられるが、オフになると罪悪感が襲ってくる。気を紛らわすために、パチンコ店に行く。スロットマシンと格闘している間は、罪悪感から逃れることができていた。

 何のためにギャンブルをやっているのか、もうわからない。底の見えない深い沼に両足を取られ、ズブズブと沈み込んでいった。

 借金は加速度的に増え、間もなく、利用限度額いっぱいになった。

 わずかに残っていた理性も壊れ始めていた。

 もうこの頃の関心事は、「どう借金を解決するか」ではなく、「どうすれば次の借金ができるのか」になっていた。しかも、当面の借金を返すために、新たな借金をするのではない。この期に及んで、パチスロの資金が欲しかったのだ。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

someya_prof

染谷 一(そめや・はじめ)

読売新聞東京本社メディア局専門委員
 1988年読売新聞社入社、出版局、医療情報部、文化部、調査研究本部主任研究員、医療ネットワーク事務局専門委員などを経て、2019年6月から現職。

シリーズ「依存症ニッポン」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

【1】ギャンブルの沼 1 元刑事の転落と再起

最新記事