文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語

コラム

体重増加の原因は怠慢 腎臓をくれた夫に「ごめんなさい」と…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今月、お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤さんが、 頸椎(けいつい) 椎間板ヘルニア手術による 侵襲(しんしゅう) によってうつ病を発症し、リハビリのため2か月間休養することを発表した。名倉さんの勇気ある告白に尊敬の念を抱くとともに、手術が及ぼす精神的ダメージを再認識した私は、あの日の夫を思い浮かべて、背筋が凍りつくのを感じた。

夫は東京マラソンにエントリー

手術直前、父にお願いして記念写真を撮ってもらった

 1枚の写真がある。写っているのは私と夫。名倉さんが手術を受ける約3か月前の2018年3月、私たちは夫婦間腎移植を受けた。写真は、手術の直前に撮影されたものだ。2人はカメラに向かって 微笑(ほほえ) んでいる。しかし精神状態は大きく異なっていた(…というのは、術後しばらくして知った)。

 レシピエント(臓器をもらう側)の私は、希望に満ちあふれる笑顔。夫が「僕の腎臓をあげる」と申し出てくれたおかげで、25年間苦しんだ慢性腎臓病と決別できる。手術への恐怖は皆無だった。カメラの向こう側では、共に病と闘ってきた他の患者さんたちが「がんばってね!」と手を振り、壮行会のような明るいムードだった。

 ドナーの夫も笑顔。しかし、後でわかったのは、それが自らを鼓舞するための笑顔だったことだ。本当は、手術への恐怖心でいっぱいなのに、夫婦で長生きするため、役割を果たそうとしてくれていた。健康な体にメスを入れ、臓器を一つ失う。しかも、手術を受けた時、夫はまだ39歳だった。術後20年間、一つの腎臓でサラリーマン人生を生き抜かなくてはならないことも大きなプレッシャーだったようだ。

 手術から1年5か月がたつ今、夫の予後は順調そのものだ。つい数日前も、東京マラソン2020のフルマラソンコース(42.195キロ)にエントリーし、「サブ3.5(3時間30分切り)を目指します」なんて明るく振る舞ってくれた。

 しかし、私は、その優しさを額面通りに受け取ってはならないと思っている。医学的には、夫婦間腎移植は成功している。しかし、この先、20年、30年と、心身ともに健やかな日々を送れるかどうかは、レシピエントの生き方にもかかっている。夫がその生涯を閉じる時、「いい人生だった」と言ってくれるその日まで。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

jinzo-prof1-150

もろずみ・はるか

医療コラムニスト
 1980年、福岡県生まれ。広告制作会社を経て2010年に独立。ブックライターとしても活動し、編集協力した書籍に『成約率98%の秘訣』(かんき出版)、『バカ力』(ポプラ社)など。中学1年生の時に慢性腎臓病を発症。18年3月、夫の腎臓を移植する手術を受けた。

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

医療と社会の闇と良い距離感で向き合う

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

体重増加に関する評価は、なかなか難しいので、服薬順守同様に専門家と話し合って検査しながらでいいと思います。 怠慢とも、回復ともいえないでしょう。...

体重増加に関する評価は、なかなか難しいので、服薬順守同様に専門家と話し合って検査しながらでいいと思います。
怠慢とも、回復ともいえないでしょう。
それまでの食事制限の方がタイトなわけですから。

世間のニュースを見ればわかる通り、五体満足でも世間様に立派な職業でもいろいろ問題はありますし、臓器一つで伴侶を得られるのであれば、その事の価値はどうとでも考えられますので、深く考えすぎる必要もないでしょう?

奪い合いと分かち合いは世の常です。
その中で、何ができるか、どう修正できるか、それだけを考えていればいいと思います。

そもそも、芸能人の躁鬱は、その職業の特殊性を考えれば当たり前のことです。
本音と建て前と苛烈な競争社会。
医者の世界も似てまして、なにかドラマで非現実な設定をやらかすのはやめてほしいです。
合わせないといけない部分もあってめんどくさいですが、それもニュースの通りで、光も闇もあります。

いずれにせよ、患者として、市民として、適切な距離感で向かい合うためにも啓発活動を続けていただければと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事