文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

京大iPS事業 新法人移管了承…文科省専門家会合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
京大iPS事業 新法人移管了承…文科省専門家会合

会合を終えて退出する山中伸弥・京大iPS細胞研究所長(8日、東京都千代田区で)=竹田津敦史撮影

 京都大のiPS細胞(人工多能性幹細胞)備蓄・提供事業について、文部科学省の専門家会合は8日、公益財団法人への移管を了承した。まずは京大が一般財団法人を設立して事業を引き継ぎ、その後、公益財団法人の認定を目指す。

 京大の負担を減らし、細胞を安定的に供給できる体制を強化するのが狙い。事業を進めてきた山中伸弥・京大iPS細胞研究所長は会合で、「実用化、産業化に適したベストな体制を速やかに作りたい」と語った。新法人の運営に山中所長も関与する予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事