文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

1件 のコメント

コメントを書く

無責任な他人の評価の持つ社会性と付き合う

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

知人友人であれ、上司や同僚であれ、客観的な評価とは別に、好き嫌いやしがらみが絡み合いますね。
言い換えれば、完全に客観的な評価などありませんし、客観的な評価を集団で操作することなど造作でもない事です。

昨今、医師をはじめとして、現代の社会常識とかけ離れた職場問題も取りざたされていますが、その半分以上はそういった人間的問題です。
抜群の能力があっても、それを発揮するための日常のこまごまとしたことを押さえられると難しい部分はあります。
一方で、それが度を過ぎるようであれば、まだましな組織や地域に人は流れます。

もっとドライに突き放して考えれば、職場のトラブルや顧客との衝突も給与のうちというのが社会人ではないかと思います。
スマイル仮面による下手の対応もいいですが、シカトにはシカトもいいです。
シカトに気付かないふりをすればいい。
一人だと寂しいという生物のある面での弱さ、孤独だとみじめだという根拠のない理屈とどこかで対峙することです。
勇気はいりますが、慣れれば平気です。

理不尽に見合うだけの得るものがなければ、誰も、時間、エネルギー、お金を使い続けないでしょう。
限られた人生で幸せになる、平穏に暮らすというのはそれ相応に工夫が必要ですので、不採算なものにいつまでも付き合えませんよね?
働き方改革もどういう方向に進むかわかりませんが、それなりに評価や業績の分かち合いがましな企業に人は流れていくのではないでしょうか?

とはいっても、転職のタイミングもまた難しいですが、心の中に割り切る気持ちを持つだけでもだいぶ変わるとは思います。
純粋な気持ちだけで生きられたら気楽なんですけどね。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。