文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

コラム

笑顔が自分を追い込む 「スマイル仮面症候群」(上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

24歳女性、仕事のミスを機に職場でしこりが

 江上節子さん(仮称)は24歳のメーカー営業部員です。職場のストレスチェックで「高ストレス状態」と判断され、産業医面談に来ました。話を聞くと上司の係長と葛藤があるようです。彼女は明るい笑顔を武器に、営業成績を上げてきたと言います。

 「ある営業でミスがあって、それ以後、係長はカタイ表情で、キツイ言い方をします。関係がうまくいかず、緊張が続いています。たった1回のミスなのに、笑顔が通じません」と訴えます。

 上司だけではなく同僚との感情のしこりも感じて、相当にこたえているようです。

職場で周りの視線がキツイ

 面談はこんな形でした。

節子さん: 先生、係長を筆頭に、みんなの視線がキツイんです。

私   : キツイ視線ですね。

節子さん: 突き刺さる。無視されている感じもします。

私   : 考えすぎではないでしょうか?

節子さん: シカト(無視)のような感じもあります。私の将来は真っ暗です。

私   : う~ん。

深刻な訴え、でも笑顔で話す

(面談中、ふと節子さんを見ると、深刻な訴えなのに、表情は笑顔のままです)

私   : 真っ暗と言いながら、笑顔でお話ししていますよ、どうして? 

節子さん: えっ、先生、私、笑顔ですか?

私   : 笑顔ですよ。多分、つくり笑顔でしょうが……。

節子さん: 常に笑顔でいることを意識しているから、そうかもしれません。

私   : 笑顔を意識しているのですね。いつも?

節子さん: 職場では、そうですね。

私   : それは、笑顔を演じていることになりますね。

節子さん: 演じている? まあ、そうですね。同性や上司がいる時は、そうしています。

私   : どうしてなの?

節子さん: みんなによく思われたいから。

私   : よく思われたいからですか?

節子さん: 会社ではズーッと続けています。今は言えませんけど、ほかにも悩みがあるんですよ。

私   : 家ではどうかな?

家でも笑顔を作っている

節子さん: 居間にいる時は笑顔。母がいるから。

私   : 家では素顔になれないの?

節子さん: ストレスがある時でも、家でも笑顔作りです。

私   : 家なら素顔でいたほうが、疲れないよね。

節子さん: そう思うけど、母もいるから、笑顔になってしまいます。

私   : お母さん?

節子さん: 笑顔の大切さを教えてくれた人だから。

私   : そうか、そうなんだ。お母さんが、なぜ?

「欠点を笑顔でカバー、就活も有利」と、母が教えてくれた

 彼女の話を聞くと、笑顔をトレーニングで身に付けてきたことがわかりました。母親とのやりとりを再現してみます。

節子さん: お母さん、大学生になったので、アルバイトをしようと思うの。

母親  : もう2回生ね。余裕があるなら、してもいいんじゃない。

節子さん: うん、友達もしているしね。

母親  : 節子は「人見知りする方」だから、バイトは賛成よ。人見知りしていると、お客さんには表情がキツク見える。暗い感じにも。それをカバーするには、笑顔が大事。明るさやイメージづくりにも役立つよ。

節子さん: 笑顔づくりは、店長にも言われて練習中よ。 

母親  : 良かったね。その硬い感じがカバーできるから。

節子さん: (うれ) しい。

母親  : あなたも、数年後には社会人になる。女性が働く時代だから、接客で、相手の人に「いい感じ」を持ってもらうのは大事よ。

節子さん: 社会人か……。就活があるね、不安。

母親  : お父さんも言っていたけど、就活は面接が決め手みたいね。

節子さん: 先輩もそう言っていた、特に女子は。

母親  : お父さんに聞いたら「明るさ、前向きな雰囲気」と言っていた。

節子さん: 明るさ、前向き。自信ない、ない。

母親  : 心配いらない。笑顔で演じればいけるよ。バイト先の店長が言う笑顔の練習よ。それに接客は慣れね。

節子さん: そうか。明るさ、前向きイメージも笑顔で演出できるのね。

母親  : 演出か、そう、そう。演じる感じでね。

「笑顔で好感度が上がる」と店長は指導

 接客が仕事のアルバイト先で、店長からこんな指導を受けました。

節子さん: アルバイトの江上節子です。よろしくお願いします。

店長  : こちらこそ、よろしく。

節子さん: 明日からです。

店長  : そう。そこで、君に「笑顔の練習」をしてほしい。

節子さん: 笑顔ですか? 苦手で……。

店長  : 接客は好感度で決まる。あなたは少し硬めの表情だから。笑顔がいるよ、笑顔が。

節子さん: わかりました。まず、どうすれば良いのでしょうか?

「口角を上げて、目尻を下げる」

店長 : 鏡を見ながら、口角を上げるだけでいいよ。最初は。それから表情を見てね。

節子さん: (鏡を見ながら)笑顔、まず口角を上げる、これでいいですか?

店長  : う~ん。練習がいるよね、それが自然にできるように。

節子さん: 練習します。

店長  : 「男は度胸、女は 愛嬌(あいきょう) 」って言うでしょう。愛嬌がチャームポイント。次はね、目尻を少し下げる。

節子さん: わかりました。練習してみます。

(2時間後に店長が来ました)

節子さん: (笑顔で)これで、いいですか?

店長  : ひとまず合格。笑顔で、だいぶイメージが変わったよ、硬い感じがほぐれ、好感度アップね。

節子さん: ありがとうございます、店長。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume-prof

夏目誠(なつめ・まこと)
 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会前理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。ブログ「ストレス点数の夏目」はこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

一つの場所や役割のストレスに潰されぬ様に

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

いつでも笑顔とか無理ですよね。 勿論、嘘の笑顔や明るさで乗り切らざるを得ない時もありますが、所詮、人間は人間です。 その辺の、ギャップをどういう...

いつでも笑顔とか無理ですよね。
勿論、嘘の笑顔や明るさで乗り切らざるを得ない時もありますが、所詮、人間は人間です。

その辺の、ギャップをどういう時間を作って乗り切るかが課題になります。
スポーツやギャンブルになぜ人は熱中するかと言えば、うまいこと偽装して感情を発散できるからです。

逆に言えば、行為であれ、物質であれ、依存する先をばらけた方が無難です。
まるっきり、金融の分散投資に似てますけどね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事