文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

コラム

高校野球の投手起用論争 「スポーツにケガはつきもの」でいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

投球数の制限は必要か

 夏真っ盛りです。この季節になると、まず高校野球を思い浮かべる人も多いと思います。

 今年は、甲子園出場のかかる岩手県大会の決勝戦で、大きな議論が巻き起こりました。大会屈指の好投手とされた大船渡高校のエース・佐々木朗希選手が、故障のリスクを考慮した監督の判断で登板をせず、同校は甲子園出場を逃すことになったのです。

近年は投手の投球数の制限についても注目を集めています。昨年、本コラムでも2回ほど、野球選手の投球における障害について書きましたが、この機会にもう一度、子どもや学生スポーツとケガについて取り上げてみたいと思います。

 小学4年で野球を始めたV君は、中学生になると、肘を曲げ伸ばしにくくなったように感じていました。ピッチャーをしていたことで、最初は投球時に痛みを感じる程度でしたが、それが常時出るようになりました。医療機関でエックス線を撮影した結果、上腕骨の軟骨の障害を指摘されました。

肘の曲げ伸ばしに後遺症が残ることも

 成長期の野球選手が投球する時に感じる肘の痛みは、内側が痛くなるケースが圧倒的に多いです(成長期に起きる野球肘 「治す」から「防ぐ」へ)。

 肘の外側に痛みがある場合、上腕骨小頭という部分の骨と軟骨に損傷が起こる、離断性骨軟骨炎を発症している可能性があります。このケガは、自然治癒に非常に時間がかかり、完全に修復されなかったり、肘の曲げ伸ばしできる範囲が狭くなる後遺症が残ったりすることもあります。肘を休めるだけでは改善しない場合は、遊離した骨軟骨片を手術で摘出したり、膝や 肋骨(ろっこつ) の骨軟骨を肘に移しかえたりします。

高校野球の投手起用論争 「スポーツにケガはつきもの」でいいのか?

 離断性骨軟骨炎は、遺伝や内分泌的な因子も原因として挙げられていますが、投球動作によるストレス負荷がもっとも大きな要因です。下半身と体幹の使い方や柔軟性、それに投球フォームに問題があると、投球動作の過程で肩や肘への負荷が増大します。

 また、過剰な投球数は、肩や肘への直接的な負担を増やすだけではありません。疲労による下半身や体幹のコンディション悪化が重なることで、肩や肘への負担をさらに増やす結果となります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

Ozeki-7-pro

大関信武(おおぜき のぶたけ)

整形外科医・博士(医学)
一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。
2002年滋賀医科大学を卒業。2014年横浜市立大学大学院修了。横浜市立大学付属病院、横浜南共済病院、関東学院大学ラグビー部チームドクター、英国アバディーン大学研究員などを経て、2015年より東京医科歯科大学再生医療研究センター所属。現在、東京医科歯科大学付属病院スポーツ医学診療センター、八王子スポーツ整形外科などで診療。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。野球、空手、ラグビーなどを通じて、アキレス腱断裂、野球肘、肩関節脱臼、足関節靱帯損傷、骨折(鼻骨、手首、下腿)など自身が豊富なケガの経験を持つ。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、2015年12月一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

人権

岡本哲

弁護士の感覚だと未成年者保護の観点から現状はめちゃくちゃなように思われます。けが及びその重大性に関する未成年者・保護者へのインフォームドコンセン...

弁護士の感覚だと未成年者保護の観点から現状はめちゃくちゃなように思われます。けが及びその重大性に関する未成年者・保護者へのインフォームドコンセントはないでしょう。

つづきを読む

違反報告

不要な怪我やその可能性を減らす意味と理屈

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

悩ましい問題ですよね。 大学サッカーの会場ドクターでも、判断に迷うものも多いです。 頭を打ったはずだけど、本人や指導者が何もないと言い張っている...

悩ましい問題ですよね。
大学サッカーの会場ドクターでも、判断に迷うものも多いです。
頭を打ったはずだけど、本人や指導者が何もないと言い張っているケースではよほど症状が強くなければ、さっさとピッチに帰すことはあります。
脳震盪の処置のアルゴリズムも決まりましたが、現場を動かすのは難しいですし、自己責任で嘘までつき通されるのであれば、そこで揉めるより、試合後の再診とチームや家族でのフォローアップを促す方が合理的です。

プロスポーツの青田買いも世界的に進んでいますが、社会人との分水嶺は25歳くらいまでで打ち切られることがほとんどですから、大舞台で無理をする選手が多いのもやむを得ません。
一方で、トライアウトの機会や動画でのアピールは増えていますから、特に中高生が無理をする意味は全くありません。(そういう発想のチームが増えるといいですが。)

そういう意味で、大船渡高校の監督は大英断だと思います。
失礼ですが、ユースで輝く選手など山ほどいるし、生涯年収を稼ぎ切れるかまだ分からないプロ候補生は休ませた方が良いでしょう。
高校野球ファンには残念でしょうけど、大学やプロで活躍する方が大事ですし、野球以外の生活でもスポーツの後遺症が大きく響くケースはあります。

特定動作を叩き込む方が短期決戦で強いのは確かですが、その人の中長期的な成長を考えると進化を続けるプロの世界でも通用するレベルの戦術や技術を学んでいくための基礎体力や基礎学力及びそれを支える生活習慣がモノを言ってきます。
特にアジア人は体の完成が遅く、25-35歳くらいがピークです。
筋トレも、常人は骨格が出来上がる20代前半までは負荷をかけ過ぎない方が無難です。

炊事、掃除、洗濯とか当り前の生活基盤を学びながらやっていく方が今後AIに仕事を奪われる人間社会の中で生きて生きやすいでしょうから、総合的に学んでいくべきと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事