文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

北海道発! 病院管理栄養士のアイデアレシピ

健康・ダイエット

アスパラご飯の小豆カレー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小豆は食物繊維とビタミンB1やミネラルを多く含む食品です。小豆の外皮に含まれているサポニンには利尿作用や整腸作用があると言われています。小豆はカレーの仕上げに入れないと煮崩れしますので、注意してください。

[作り方]

〈下準備〉

・小豆は洗い、1日水に浸す。

・米は研いで30分おく。


(1) 小豆は軟らかくなるまで塩を入れて煮る。

(2) 炊飯器に、研いだ米とバターを入れて炊く。

(3) アスパラガスを1cmくらいに切り、ゆでて冷水に浸す。

(4) (A)の野菜、ベーコンは適当な大きさに切り、とろとろになるぐらいよく煮込み、ベイリーフを取り出してから、ミキサーでポタージュにする。

(5) (4)にカレー粉、ガラムマサラ、クミンを入れ、さらに中火で30分煮込む。

(6) (5)に小豆を入れて混ぜ合わせる。

(7) 炊き上がりのご飯にアスパラガスを混ぜる。

(8) ご飯を盛り、カレーをかける。

 (レシピ作成 日清医療食品札幌医科大学付属病院事業所 管理栄養士 伊東めぐみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

hokkaido-sweets_logo2

一般社団法人 地域健康社会研究所

 2009年に北海道大学病院(札幌市)に設置された研究部門の研究内容を引き継ぐ形で、2013年に設立。健康や医療の情報を広く国民に伝えることを目的に、医療情報通信(地域けんこう通信)を発行している。

 また、主として北海道の病院管理栄養士や栄養学を学ぶ学生向けに病院食レシピコンテストを過去4年間開催し、集まったレシピ(減塩食、乳和食、低カロリースイーツなど)を書籍や通信(なおレピ通信)等で家庭に普及する活動を行っている。

一般社団法人 地域健康社会研究所「地域けんこうNet」

http://chiikikenkou.net/

北海道発! 病院管理栄養士のアイデアレシピの一覧を見る

最新記事