文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

明るい性の診療室

妊娠・育児・性の悩み

子作りするって恥ずかしいこと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

今井伸(泌尿器科医)

 「切れ味抜群にげんなりさせるのが、マスターベーションという言葉だった。

 マスターベーション、オナニー、センズリ……どれをとっても、いい年した男にはつらい言葉だ。」(ヒキタクニオ『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』光文社文庫より)

 男性の立場から不妊治療が語られる、今話題の一冊。不妊の原因精査のために、医療機関で精液検査をすることになった著者が、検査でマスターベーションをすることに、かなり抵抗を感じている場面です。

衝撃的な検査

 精液検査は男性不妊の原因を探る最初の検査で、精液中にどれくらい精子がいて、どんな動きをしているかを調べます。精液を調べるためには精液を採取しなければなりませんが、男性は小さなコップのような容器を渡され、「(マスターベーションをして)これに精液をとってきてください」と言われます。紙コップを渡されて「これに尿をとってきてください」と言われる尿検査と同じように。

 精液をとるための専用の個室がある施設はまだましですが、トイレで採取しなければならない施設もあります。かなり抵抗感があると思います。女性でいえば、「トイレに行って、マスターベーションをして、オルガズムに達してきてください」と言われていることと同じです。

 全く予備知識や心の準備もなかったら、男性にとってかなり衝撃的な検査と言えるでしょう。「自分に原因があるはずがない」と頑(かたく)なに検査することを拒んだり、検査の説明をするだけで不機嫌になったりする男性も珍しくありません。

 妊娠の可能性が高いと思われる排卵日を予測し、その日に性交渉をするタイミング法も、すんなり受け入れられない男性は少なくありません。子供を作るためには、妊娠しやすい時期にセックス(性行為)をしなければなりませんが、知っているのか知らないのか、性行為をする日を人に指示されることで、やる気を失ってしまうのです。

当事者として向き合おう

 「通常の性行為にもかかわらず12か月以上妊娠が成立しない場合」を不妊症と定義されています。正しく不妊症の原因を突き止めようと思えば、医師は、子供を希望し受診したご夫婦に、必ず性交の頻度や射精の回数をお聞きしなければなりません。

 性についてオープンに語ることが良しとされない日本で、性交の回数やマスターベーションの頻度を聞かれた時に、夫婦がともにストレスを感じてしまうことは理解できなくもありません。

 でも、本当に自分たちの子供が欲しいのであれば、夫婦ともにきちんと生殖と性行為に関する知識を持ち、医師と対話する必要があります。

 精液検査も、医療機関側に個室を設けるなどの配慮が求められますが、男性は子供を授かるために必要なプロセスとの自覚を持って、受けるべきでしょう。男性は当事者として、自分の性としっかり向き合う必要があるのです。

性教育に賛否の議論

 性について口を閉ざす雰囲気は、夫婦を不妊治療に消極的にさせ、少子化対策に悪影響を及ぼします。日本は、性について適切な知識や考え方を身に付けるには、ハードルが高い環境といえます。明治時代以降、学生への性教育の賛否について激しい議論が繰り広げられてきました。

 1920年代、性に関する事柄を「秘め事」とする考え方が浸透し、誰かに相談するのもはばかられるようになっていきました。セックスについて教えると、「学生はセックスばかりするようになり、勉強がおろそかになる」という「寝た子を起こすな」派が主流となった結果、セックスについて語ることをタブー視する風潮が生まれました。必要な時に、大事な性の話をしづらい人々を生み出していると思います。

悩み相談しやすい雰囲気を

 諸説ありますが、性欲は、食欲、睡眠欲と並んで人間の3大欲求の一つと言われています。食事に関する症状の悩みや、睡眠に関する悩みを、他人に相談するのをためらう人は少ないでしょう。食事や睡眠と同じように、誰もが性について悩むことがあるでしょう。

 まずは性について、悩みを医師や看護師に相談してはどうでしょうか。一人ひとりが話す機会を積み重ねることで、どんな人にも相談しやすい雰囲気を作れればと思っています。若者が正しい知識を得られるように、性教育を行うための仕組み作りも必要です。誰もが必要な正しい性の情報にアクセスしやすい社会を作るお手伝いができたらいいなあ、と思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

akaruisei_eye

明るい性の診療室
大川玲子先生

大川玲子(おおかわ・れいこ)
千葉きぼーるクリニック婦人科医師
 1972年、千葉大学医学部卒業。同大助手、国立病院機構千葉医療センター(旧国立千葉病院)産婦人科医長などを経て、2013年から現職。日本性科学会理事長、NPO法人千葉性暴力被害支援センターちさと理事長。

今井伸(いまい・しん)
 聖隷浜松病院リプロダクションセンター長、総合性治療科部長
 1997年、島根医科大学(現・島根大学)卒業。島根大学助手、聖隷浜松病院泌尿器科主任医長などを経て、2019年4月から現職。日本性科学会幹事、日本性機能学会評議員、日本泌尿器科学会指導医、島根大学臨床教授。

明るい性の診療室の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事