文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

熱中症で1週間に11人死亡、救急搬送は3倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 総務省消防庁は30日、熱中症で22~28日の1週間に救急搬送された人が全国で5664人に上り、このうち11府県の11人が死亡したと発表した。いずれも速報値。死者は前週(15~21日)、前々週(8~14日)ともに0人で、搬送者は前週の1948人から約3倍に急増しており、同庁は警戒を呼びかけている。

 発表によると、3週間以上の入院を必要とする重症者は119人。1週間あたりの搬送者、死者、重症者はいずれも今年最多だった。各地で最高気温が30度以上となった真夏日が多かったためとみられる。

 搬送者の52.6%は65歳以上。都道府県別では愛知県が最も多い392人で、大阪府の388人と続いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事