文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

40代から備えよう「老後のお金」

コラム

年金が2000万円足りないって本当? 定年後は「夫婦でアルバイト」のリアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 この夏、「年金が2000万円足りなくなる」ということが話題になりました。ことの発端は、6月上旬に公表された金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」の報告書です。その中に、下記の記述があります。

●報告書(全51ページ)の21ページ目

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20~30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で1,300万円~2,000万円になる。

(金融審議会 「市場ワーキング・グループ」報告書より抜粋)

 この一文が、「年金が2000万円足りない」の根拠のようですが、報告書の目次に目を通せば、文書の目的が年金不足の糾弾でないことはわかります。本来の目的は、ザックリ言えば、「高齢者向けの金融サービスは、どうあるべきか?」ということです。論点がズレていると感じるのは、私だけでしょうか?

年金が2000万円足りないって本当? 定年後は「夫婦でアルバイト」のリアル

イラスト:赤田咲子

「人生100年時代」と言われ始めた3年前

 この報告書で私が最も着目したのは、冒頭の「『人生100年時代』と呼ばれるかつてない高齢社会を迎えようとしている」という部分です。金融庁が公表する文書の中に、「人生は100年」というフレーズが登場する時代になったのか、と。

 あっという間に市民権を得た「人生100年時代」ですが、そのキッカケは、『LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著/東洋経済新報社刊)という本がよく売れたことです。この本の初版は、2016年10月なので、3年前、にわかに「人生が100年になった」=「長寿化が現実味を帯びた」といったところでしょうか。

 『LIFE SHIFT』で語られているテーマの一つに、人生の組み立て方そのものを変えた方が適切なのでは?という提案があります。つまり、「教育→仕事→引退」という三つのステージで人生を考えるのは、長寿社会では無理だということ。例として、1971年生まれの人が最終所得の50%を確保したいのなら、毎年所得の17.2%を貯蓄しなければならないと、本の中では試算されています。

 所得の17.2%を貯蓄する!? そんなに貯蓄ができる40代は、全体の何%いるのでしょうか? 少なくとも、私には全く手が届かない数字です。大学生1人と中学生2人、合計3人の子供を抱え、教育費負担がピークですから……。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru-200re

楢戸ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター、ファイナンシャル・プランナー

 1969年生まれ。大手商社に8年間勤務後、フリーライターに。妊娠を機にファイナンシャル・プランナー資格(現FP技能士)を取得。約20年にわたり、女性向けのマネー記事を執筆してきた。
 ホームページ「主婦er」の運営や、ワークショップ「『小さな暮らし』を始めるための3カ月家計簿」も手がける。家族は、夫と息子3人(大学生と中学生)。

40代から備えよう「老後のお金」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事