文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

訪問診療にできること~最期まで人生を楽しく生き切る~

介護・シニア

高齢者が病院でやせたのは、飢餓が原因だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
高齢者が病院でやせたのは、飢餓が原因だった

幡野広志撮影

 僕たちが訪問診療におうかがいしている、ある老人ホームに、90歳の男性が入居してきました。彼は若いころからたくさんタバコを吸っていたので、肺を悪くしてしまい、現在は肺気腫による慢性呼吸不全の状態。息苦しさを緩和するために在宅酸素療法(自宅での酸素吸入)を受けていました。彼は、これまで何度も肺炎を繰り返していました。今回も肺炎で入院したのですが、入院中に足腰が弱ってしまい、寝たきりの状態に。自宅での生活が難しいと判断され、老人ホームに入居してきたのです。

 初めて会った彼は、とてもやせていました。身長168センチメートル、体重38キロ。体格を示すBMI(Body Mass Index/ボディ・マス・インデックス)という数値は13.4でした。BMIは「体重(キログラム)」を「身長(メートル)」×「身長(メートル)」で割って計算しますが、25を上回ると肥満、18.5を下回ると「やせ」、22が標準とされています。BMI13.4ということは極度のやせ形。いわば骨と皮だけのような状態でした。

 「はじめまして。よろしくお願いします。」

 僕が 挨拶(あいさつ) すると、彼は絞り出すように「よろしく」と一言、なんとか答えてくれましたが、そこから先、彼の声はかすれ、何を伝えようとしているのか理解することができませんでした。そして1分もしないうちに、彼は疲れ切ったように話すことをやめてしまいました。

 車いすに移ってみました。自分ではほとんど力が入りません。軽い 身体(からだ) をヘルパーさんに持ち上げられ、車いすに座りましたが、強い息切れでとても苦しそうでした。入院中は頑張って、出された食事は全量食べていたそうですが、体重は減る一方だったそうです。

やせていくのは老衰だから仕方がないのか

 これは老衰だから仕方がない。それが、病院の主治医の見解でした。確かに90歳と高齢で、しかも超やせ形、そして寝たきり。基礎代謝量(生きていくために最低限必要なエネルギー)を計算すると820kcalでした。リハビリの努力を加算して、運動代謝(運動によって消費されるエネルギー)を加えたとしても、せいぜい1000kcalくらいです。入院中に出されていた食事は1300kcal。食事としては十分なはず、と思うのは普通かもしれません。

 彼は肺の病気でしたが、栄養の消化吸収や代謝をつかさどる臓器には大きな病気はありませんでした。少し便秘気味でしたが、少なくとも消化不良ではありませんでした。老衰でやせていくのは、普通、身体が食事を受け付けなくなるからです。彼の場合には食事が () れている。それなのに、やせていくというのは、純粋に食事量が少ないのではないか?

 僕はそう考えました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sasaki-jun_prof

佐々木淳(ささき・じゅん)

 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長。1973年生まれ。筑波大医学専門学群卒。三井記念病院内科、消化器内科で勤務。井口病院(東京・足立区)副院長、金町中央病院(同・葛飾区)透析センター長を経て2006年MRCビルクリニック(在宅療養支援診療所)設立。2008年、団体名を悠翔会に改称。首都圏12か所で在宅療養支援診療所を運営する。

訪問診療にできること~最期まで人生を楽しく生き切る~の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

個別化医療は世界のどこまで繋がるか?

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

がんの個別化医療も言われて久しいですが、日常生活や老衰もそうですよね。 健康診断に行けば、老人としか思えない50代もいれば、70台なのに若々しい...

がんの個別化医療も言われて久しいですが、日常生活や老衰もそうですよね。
健康診断に行けば、老人としか思えない50代もいれば、70台なのに若々しい人もいます。

確かに、総じて若者は回復力が早く、老人は回復が遅く代謝も小さいですが、体力も気力もバラバラです。
本文類似のケースでも、実際に、死を意識して食が細っているケースもあるのでしょうが、そうと決めつけてしまうことの怖さがわかります。

実は、そうやって考えると、食事や生活の場の設定一つであらゆるものを変えて行けるのかもしれません。
病院の食事は減塩などの節制を基本とした粗食であるべきという常識もあるいは見直すべき部分かもしれません。

それは病院らしくないという言葉は、それは老人らしくないというイメージに縛られることと同様に、生や喜びの可能性を奪っている可能性もあります。
僕も余命一か月と言われたら、余命が二週間に減っても好きなもの食べて、あの世に行きますよ。

多様性の担保は、ある種の平等の幻想を奪い、その情報の拡散が持つ格差や差別意識の問題が難しい部分もありますが、どちらが物理的に、心理的に生産的であるかを考えれば、今後、より合理的、合目的的な部分を考えていく必要があります。

幾つかのタブーを捨てることで、お金やサービスが回って社会が活性化するのであれば、考えていくべきことかもしれません。

医食同源という言葉もありますが、政治経済的な問題との兼ね合いや常識のウソとの兼ね合いも含めて議論していく必要があります。

フードロスの問題や子供食堂などの非政府的取り組みに政府の課題が依存している問題も含めて、法律が雑でもいいから前に進んだ方が救われる命もあるでしょう。

富やサービスの再分配の課題は老人や医療機関が解決してはいけないという法律はなかったと思います。

ちょっとくらい廃棄コストや人件費を水増ししてくれて結構ですから、社会のためになる企業や団体が増える方が日本の為でしょう。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事