文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」

医療・健康・介護のコラム

裸の女性患者たちをベルトコンベヤー式に…病棟の入浴風景に呆然 看護実習生の体験談から学べること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

話を聞こうとすると、「認知症だから、大丈夫」

 次の三つの場面も、別の実習生が現場に違和感を覚えて記述したものです。

<オムツにしてください>

 自宅で転倒して大腿骨だいたいこつを骨折し、手術後は医療療養病棟に入院している85歳の女性患者。足の筋力低下が見られ、移動は車いすで移乗は全介助。排泄はいせつ は、トイレまで移動すれは自力でできるが、失禁してしまうこともあるため、予防的にオムツをしていた。実習が始まって3日たつが、毎日、病棟ではひっきりなしにナースコールが鳴り、看護師も介護職員もいつも忙しそう。私が休憩から戻って患者さんのもとにいくと、患者さんが自分でトイレに向かうところだった。ちょうど看護師もやってきて、患者に「転んだら危ないでしょ。オムツにしてください」と言った。

<ペースト食をすべて混ぜて口へ>

 意識レベルの低い60代の患者への食事介助。看護師は、主食、副菜、デザート等のペースト食を、まずはすべて一緒にまぜてから、無言で次から次へと口に運んでいく。「えっ、全部まぜちゃ、味がわからなくなってしまう」と思った。せめてどんな料理かを伝えたくて、「今日の献立はお魚の煮付け、ほうれん草のおひたし、ご飯です」と話しかけながら、食事介助をやってみたら、「そんなゆっくりじゃ、どれだけ時間があっても足りないわよ」と看護師に言われた。

<認知症だから、大丈夫>

 透析中の患者さんが、何かを言いたそうに周囲を見回していた。スタッフが通るたびに声をかけていたが、発声に困難があり、ほとんど聞き取ることができない。自分にも声をかけてきたので、近づき話を聞こうとすると、看護師から「認知症だから、大丈夫」と言われてしまった。

 臨床現場で実習生が疑問を抱く場面には、共通点が見えます。看護師のかかわる行為のうち、患者を清潔に保つ保清、排泄、食事など日常生活の援助や、患者とのコミュニケーションの場面での出来事が多いのです。今回紹介した四つの場面もそうです。

 実習生は、看護師の一挙手一投足を見て勉強します。看護師が患者へ投げかけた言葉そのもの、あるいは言葉の使い方、患者への向き合い方など。そこに、「患者の人間性が尊重されていない」「羞恥心への配慮がなされていない」といった倫理的課題が含まれているのです。以前の調査で、看護実習を終えた学生に、実習で違和感を持った場面について書いてもらった際にも、似たような場面がたくさん挙げられていました(Tsuruwaka M : Crucial ethical problem for Japanese nursing students at clinical settings, Journal of Nursing Education and Practice)。

患者に近い感覚を持つ実習生から学ぶ

 今回紹介した各場面では、「認知症」「意識レベルの低下」など、意思疎通に困難がある患者だったことも共通しています。認知症を患っていること、意識レベルが低下していることは、患者のすべてではありませんし、患者の人格とは関係のないことです。このような弱い立場の人々の「患者としての権利」をいかに守るか、ということについて、実習生たちが強く意識していることもわかります。

 もちろん、看護師と実習生では立場や責任が異なります。実習生たちは、臨床現場の看護師のように問題の渦中にいるわけではありません。現実と理念の狭間はざまで自分はどうあるべきかと、存在が揺さぶられるような葛藤を経験したこともないでしょう。

 しかしその分、実習生は、現役の看護師と比べ、患者に近い感覚を持っています。そのため、医療現場に潜む課題を、患者に近い目線から敏感に捉えることができるのだと思います。実習生が臨床現場で抱いた違和感は、「どう患者と関わることが倫理的といえるのか」、さらには「看護とは何か」という大きな問いを投げかけ、私たちに考えるヒントを与えてくれるのです。(鶴若麻理 聖路加国際大学准教授)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tsuruwaka-mari

鶴若麻理(つるわか・まり)

 聖路加国際大学教授(生命倫理学・看護倫理学)、同公衆衛生大学院兼任教授。
 早稲田大人間科学部卒業、同大学院博士課程修了後、同大人間総合研究センター助手、聖路加国際大助教を経て、現職。生命倫理の分野から本人の意向を尊重した保健、医療の選択や決定を実現するための支援や仕組みについて、臨床の人々と協働しながら研究・教育に携わっている。2020年度、聖路加国際大学大学院生命倫理学・看護倫理学コース(修士・博士課程)を開講。編著書に「看護師の倫理調整力 専門看護師の実践に学ぶ」(日本看護協会出版会)、「臨床のジレンマ30事例を解決に導く 看護管理と倫理の考えかた」(学研メディカル秀潤社)、「ナラティヴでみる看護倫理」(南江堂)がある。

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」の一覧を見る

50件 のコメント

コメントを書く

いろいろな意見

R

いろいろな意見がありますが、忙しいから、人手が足りないからしょうがないという意見は、患者の立場からすると違和感があります。私はコロナ下で骨折し入...

いろいろな意見がありますが、忙しいから、人手が足りないからしょうがないという意見は、患者の立場からすると違和感があります。私はコロナ下で骨折し入院することになりましたが、人権を無視されていると感じたことが多々ありました。いくら忙しくても、できる範囲で丁寧に接してくださる方もいれば、乱暴を通り越してというような方もいらっしゃいました。コロナ禍で大変なのはよくわかるので、こちらも気を使っていましたが、あんまりだと思ったこともたくさんあります。そして、転院した先の病院も人手は逼迫(ひっぱく)されていたと思いますが、とても丁寧な対応で天と地ほどの差を感じました。

つづきを読む

違反報告

言っていることはよく分かりますが…。

といやん

確かに、看護について言えば、いろいろあると思います。でも現実問題として、無理です。看護する方たちだって決してよいとは思っていません。でも、そうや...

確かに、看護について言えば、いろいろあると思います。でも現実問題として、無理です。看護する方たちだって決してよいとは思っていません。でも、そうやってお世話していくしか時間的に、人員的に仕方がないのです。残念ですが、どんなに財政的に豊かな自治体でも無理だと思います。ただ、そういう理想的な介護現場になっていただければいいですね。いきなりではなく、まず一つ一つ改善できればよいのかと思います。

つづきを読む

違反報告

健康は大事としか言いようがない

まーらー

主にきれいごとで実習生の主観的な感情優先で書かれているので、矛盾点も多いように感じます。根本としては資本主義社会に一石を投じるべきかなと思います...

主にきれいごとで実習生の主観的な感情優先で書かれているので、矛盾点も多いように感じます。根本としては資本主義社会に一石を投じるべきかなと思います。先輩看護師の機械的対応や時間制限を設ける病院のルールのすべてに理由があるはずです。実習生は自分の気持ちを見つめることよりも先輩の仕事ぶりを見習い、気になることがあればその理由を確認して現場に慣れていく方が有利で生きやすいのだと思います。かわいそうだと思うなら、引き取って自宅で誠心誠意介護し続けてみればいいと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事