文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」

コラム

裸の女性患者たちをベルトコンベヤー式に…病棟の入浴風景に呆然 看護実習生の体験談から学べること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「寒い、もう帰りたい」と患者が…

 医療療養病棟での看護実習2日目、女性患者の4人部屋に行ってみると、4人とも上半身の衣服をきておらず、タオルがかけられた状態だった。予想もしなかった光景で、言葉がでてこなかった。呆然ぼうぜんとしていると、介護職員らは、病室からストレッチャーで浴場へ、手際よく患者を移動させた。浴場に行くと、看護師と介護職員が入浴介助をしていた。一度に2人の患者しか、洗い場に入ることができない。他の患者は裸にされたまま、ストレッチャーの上で順番を待たされている。「寒い、もう帰りたい」と言う患者の声も聞こえてくる。今日は、女性患者の機械浴(歩行や座る体勢をとるとが難しい患者に対し、特殊な浴槽で寝たまま入浴する)の日だったんだ。

 前回のコラムで、看護師によるナラティヴライティング(臨床現場で違和感を覚えた場面での自分の感情を書いてみること)の取り組みの実際について紹介しました。冒頭の文章も、ナラティヴライティングによるものですが、書いたのは、看護師資格はありますが、まだ臨床経験のない大学院生です。看護実習生として、遭遇した臨床現場の実情と、それに対して抱いた違和感を表現しています。

 この実習生は、自分の目の前で繰り広げられた光景を、「まるでべルトコンベヤーのようだった」と書きました。「患者さんはどんなにか恥ずかしい思いだっただろう」と振り返ります。この場面について、臨床経験のある看護師も加わって話し合いました。

「患者を人として扱う」ということ

 「『ベルトコンベヤー』という表現は、患者さんを人として扱っていないということを示しているよね」「入浴は、人の体をあたため、リラックスさせる時間なのに、これでは本来の意味が果たされていないのではないか」「こういう入浴方法は、むしろ患者の安心につながらない」「裸にして待たせるのは、病棟のスケジュール順守が先にある」「医療療養病棟だから、介護度の高い人が多く、スタッフも少ない状況が背景にある」……など、様々な意見が出ました。そして、たとえ、こうした実態を生じさせている様々な要因があったとしても、やはり「患者の人間性を大切にしてかかわっていく」という看護の基本にまずは立ち返る必要があるのではないか、という意見で一致しました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tsuruwaka-mari

鶴若麻理(つるわか・まり)

 聖路加国際大准教授(生命倫理分野)、同大公衆衛生大学院兼任准教授。
 早稲田大人間科学部卒業、同大学院博士課程修了後、同大人間総合研究センター助手、聖路加国際大助教を経て、現職。生命倫理の分野から本人の意向を尊重した保健、医療の選択や決定を実現するための支援や仕組みについて、臨床の人々と協働しながら研究・教育に携わっている。編著書に「看護師の倫理調整力 専門看護師の実践に学ぶ」(日本看護協会出版会)、「臨床のジレンマ30事例を解決に導く 看護管理と倫理の考えかた」(学研メディカル秀潤社)、「ナラティヴでみる看護倫理」(南江堂)がある。

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」の一覧を見る

8件 のコメント

コメントを書く

現場は疲弊

医信を応援する看護師

現場は疲弊してます。あらゆる資源が足りません。素人の方でもわかりますよね? ベルトコンベア式にに違和感?問題視?まともに現場を見て働いてから言っ...

現場は疲弊してます。あらゆる資源が足りません。素人の方でもわかりますよね?
ベルトコンベア式にに違和感?問題視?まともに現場を見て働いてから言ってほしい。これでもだいぶ患者さんに気を使ってあげてるはずです。
それ以上の過剰なケアなんて無理ですよ。そういうのをお望みならよそへ行ってほしい。なんなら自宅でどうぞ。

つづきを読む

違反報告

それぞれに理由があるはず。

さかな

食事や清潔ケアは、患者さんの思いとは別にとても体力を消耗します。療養に入っている患者さんなどは、ギリギリの生命状態であることも多く、その中でお風...

食事や清潔ケアは、患者さんの思いとは別にとても体力を消耗します。療養に入っている患者さんなどは、ギリギリの生命状態であることも多く、その中でお風呂に入れられるか、清拭は可能か、口からまだ食べられるか…その都度悩みながら選択をしています。食事も楽しめる工夫は大切ですが、時間をかけると具合が悪くなってしまったり、眠ってしまったりして必要な栄養さえ取れなくなり、生命の危険寝たきりになるリスクも高くなります。もちろん、個々や施設で再確認すべき倫理感はあるかと思いますが、どうしたら患者さんの体力の消耗を最小限にしつつ、回復や自立を支援できるか、という視点も看護の本質と思います。それぞれに理由があり、決して看護師中心の振る舞いだけでも、学生の心を忘れてしまう人だけでもないことも知ってほしいです。

つづきを読む

違反報告

省力化

Rop

人手不足でいかに省力化するかは 大切だ

人手不足でいかに省力化するかは 大切だ

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事