文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.イワケンの「感染症のリアル」

医療・健康・介護のコラム

「まじでやばい」チクングニア 知っておきたい海外の感染症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一定の割合で重症化。死亡例も

 チクングニアは一般的に自然に治る病気です。が、たくさんの人がかかると一定の割合で重症化します。前述の米国の例では、4000人近い発症者のうち18%が入院を必要とし、4人が死亡しました。あまり、油断してはいけませんね。

 ちなみに、チクングニアは感染症法における全数報告対象の4類感染症です。ま、もっとも届け出たからといってなにか特別な公衆衛生上の対策があるわけじゃないのですけどね。患者さんは病気を広げないよう、蚊に刺されない工夫は必要ですが、人から人には感染しないので家族や友人、職場の方はそんなに心配しなくて大丈夫です。

虫よけにはディート(DEET)の塗布を

 先進国でも途上国でも、海外に行くときはいろんな感染症対策が必要です。蚊に刺されないのも大切なことです。具体的な方法としては、肌の露出をできるだけ避けるとか、ディート(DEET)という虫よけを定期的に使うのが大事です。

 DEETの効果はその濃度で分かるのですが、20%のDEETで1~3時間おきに塗り直すと効果が高いです。30%なら5時間以上効果があります。昔は、日本では濃度の高いDEETがなかったので、途上国に行くときは「現地調達」でした。最近、ようやく高濃度のDEET入り虫よけを売るようになりました。空港などでも売っていてとても便利です。

 DEETは2か月以上のお子さんなら(短期的に使えば)安全に使えます。授乳中だったり、妊婦さんにも大丈夫とありますが、妊娠している間はあまり海外には行かないほうがいいと思います、まじで。

 ちなみに、蚊を寄せ付けないブレスレットとか、サプリメントとか、超音波などを発する電気製品とか売っていますが、 (おおむ) ね効果は確認されていません。使わないほうが賢明です。(岩田健太郎 感染症内科医)

参考
チクングニア熱とは [Internet]. 国立感染症研究所. [cited 2019 Jul 23]. Available from: https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/437-chikungunya-intro.html

Silva JVJ, Ludwig-Begall LF, Oliveira-Filho EF de, Oliveira RAS, Durães-Carvalho R, Lopes TRR, et al. A scoping review of Chikungunya virus infection: epidemiology, clinical characteristics, viral co-circulation complications, and control. Acta Tropica. 2018 Dec 1;188:213-24.

Prevention of arthropod and insect bites: Repellents and other measures – UpToDate [Internet]. [cited 2019 Jul 23].

効かない虫よけグッズに要注意!? 間違いだらけの「蚊よけ」対策 [Internet]. ニコニコニュース. [cited 2019 Jul 23]. Available from: https://news.nicovideo.jp/watch/nw2191390

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iwaken_500

岩田健太郎(いわた・けんたろう)

神戸大学教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学卒業。内科、感染症、漢方など国内外の専門医資格を持つ。ロンドン大学修士(感染症学)、博士(医学)。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院(千葉県)を経て、2008年から現職。一般向け著書に「医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法」(中外医学社)「感染症医が教える性の話」(ちくまプリマー新書)「ワクチンは怖くない」(光文社)「99.9%が誤用の抗生物質」(光文社新書)「食べ物のことはからだに訊け!」(ちくま新書)など。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパートでもある。

Dr.イワケンの「感染症のリアル」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事