文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

思春期の子どもを持つあなたに

コラム

第7部 ヒステリー(転換性障害)(下)「生まれてこなければよかった」と絶望する娘。母親は「すべて自分が悪い」と……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 まず、私がガイダンスで提案したのは、「母娘の物理的な距離を年齢相応のものに修正すること」でした。A子さんは、いつも母親と体が触れ合う距離に座っていることを望んでいました。甘えていたかと思えば、 些細(ささい) なことでいきなり母親を引っ () いたり、たたいたりすることが絶えませんでした。

 ひとたび、そのループに入ってしまうと、簡単には収まりません。

 そこで私は「いつも繰り返されるパターンに陥らないように、二人は体が触れ合う距離ではなく、少し離れて座ってみること」を、母親の口からA子さんに伝えてみることを提案しました。

 「A子さんが更に暴れるようになるのでは」と心配した母親でしたが、思い切ってそれを伝えました。A子さんはその提案を受け入れ、「どうしてなのかわからないけれど、いつの間にか、あんな状況になってしまう。そうなると止められないんだ」と話したそうです。やはり、A子さん自身も何とかしたいと考えていたのです。

 小さな一歩を踏み出しました。

子どもは、親を見て自分の将来に思いを巡らす

 次のガイダンスではA子さんの実父のことがテーマとなりました。

 これまで、母娘との会話で、元夫についてこれまで一度も話題にしたことがなかったそうです。また、A子さんから実の父親のことを尋ねたこともありませんでした。

 思春期を迎えて、心身共に成長していく過程で、子どもは自分がどんな大人になるのかを想像していきます。大人の体へ変化していくときには、両親の顔や背格好を見て、「自分は大人になると大体こうなるのかな」と将来の自分の姿を想像します。

 また、精神面でも、両親の性格を「自分も取り入れたい」、もしくは反対に「まねしたくない」と感じることが増えます。その時点の自分と比較することで、理想像と重ねたり、批判的な目を向けたりもしながら前進していくのです。

 大人への道を歩き始めたA子さんですので、口には出しませんが、本当は自分の実の父親がどんな姿だったのか、どんな人柄だったのかについて知りたいはずです。自分の父親について全く何も知らないでいることも、不安の原因の一つとなっていることが推測できました。

 そこで、母親がA子さんに対して、「お父さんのことで聞きたいことがあれば聞いていいんだよ」と伝えることを助言しました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shisyunki-prof200

せきや・ひでこ
精神科医、子どものこころ専門医。法政大学現代福祉学部教授。初台クリニック(東京・渋谷区)医師。前関東中央病院精神科部長。

思春期の子どもを持つあなたにの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事