文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

思春期の子どもを持つあなたに

コラム

第7部 ヒステリー(転換性障害)(上)原因不明の足の異変、そして不登校。母親には甘えながらも、暴言を吐き、包丁を向ける中2女子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ヒステリーは身体疾患がないのに、さまざまな葛藤や欲求不満が、身体面の障害(失立失歩、失声など)として表れる。児童期・思春期以降の女性に多く見られるが、男性も発症する。ヒステリーは詐病とは違い、わざと身体症状を起こしているわけではない。

突如発症した原因不明の足の異変で車椅子生活に

 A子さんは中学2年生の女の子です。約1年前から、「急に足に力が入らなくなる」と訴えるようになりました。時々、痛みも生じるようになったようで、そのうち立ち上がることも、歩くこともできなくなりました。小児科の検査では異常は見つからず、 鍼灸(しんきゅう) やマッサージも効果はありませんでした。

 症状は徐々に悪化していき、やがて車椅子の生活になりました。

 通学していた中学校はバリアフリーで、教師たちがA子さんに理解を示し、協力的に接してくれました。また、同級生らも車椅子を押したり、荷物を持ったりして手助けをしてくれていたそうです。そんな周囲の気遣いにもかかわらず、A子さんは間もなく不登校になってしまいました。

 母親によれば、A子さんの足に異変が出始めた中学1年生前後から、母親に、べたべたと甘えてきたり、ハグを求めたりする一方、暴言や暴力などの問題行動も出現したそうです。不登校をきっかけに、その傾向がエスカレートしてきたため、母親に連れられてクリニックにやってきました。

母親の手作りケーキを「まずい!」と投げつけて

 A子さんの母親は診察室に入ると、暗い表情でまず自分自身のことを話し始めました。

 職場恋愛の末に20代で結婚し、A子さんをすぐに妊娠しました。ところが、その頃から夫はあまり家に帰ってこなくなり、夫婦仲は悪くなっていったそうです。

 母親は妊娠中から実家で生活し、出産も終えました。

 それ以降も、自宅には戻らなかったため、父親は生まれたばかりのA子さんに会うため、たびたび妻の実家を訪れていたのですが、夫婦仲の修復には至らず、A子さんが1歳半の時に離婚しました。

 祖母の助けを借りながら、母親は働きに出るようになりました。やがてA子さんが小学1年生になる頃に再婚をしました。父親の記憶なしに育ったA子さんは、当初は「パパが欲しかった」と母親の再婚を喜んでいたそうです。義父はA子さんを実の娘のようにかわいがり、3人で穏やかな毎日を過ごしていました。

 ところが、A子さんが初潮を迎えた小学6年生の頃から徐々に義父を避けるようになりました。自分だけ食事の時間をずらしたり、義父を無視するようになったりしたそうです。

 母親と一緒にクリニックの診察室に入ってきたA子さんは、中学生なのに、母親の手を握ったり膝を触ったりと甘えることが多く、幼児返りしている様子でした。

 「自分で立って、歩けないことについて話してみたら」と母親に促されても、「何にもない。大丈夫」と言葉少なで、一刻も早く、診察室から出ていきたい様子を隠しませんでした。私は、それ以上無理にA子さんの話を聞くことはせず、次回に母親に一人で来院してもらうことにしました。

 母親によれば、A子さんが暴言を吐いたり、暴力的な行動を取ったりするようになったのは、足に異変が出始めたのとほぼ同じ時期だそうです。

 「ママの手作りのケーキが食べたいから作ってほしい」と頼みながら、いざそれを口にすると、「まずくて食べられない」と、出来たてのケーキを投げつけたことがあったそうです。また、就寝時に母親が「おやすみなさい」と言うと、「心がこもっていないから、眠れない」と、暴力的な行動に出ることもありました。ひどいときには、包丁を向けたこともあったそうです。

 問題行動に出たときに、制止しようとした義父に対して、A子さんは「お前は関係ないから引っ込んでいろ」と怒鳴りつけました。それ以来、義父は何も言わなくなり、トラブルが起こっても自分の部屋から出てこなくなったそうです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shisyunki-prof200

せきや・ひでこ
精神科医、子どものこころ専門医。法政大学現代福祉学部教授。初台クリニック(東京・渋谷区)医師。前関東中央病院精神科部長。

思春期の子どもを持つあなたにの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

子供が思春期の親の離婚や死別について

由翼希(ゆうき)※知的障害者当事者

イジメ問題で考えてみましょう。「片親」のレッテルに貼られている様な気持ちが芽生えていまったら要注意だと思います。「イジメをしてしまう側」・「イジ...

イジメ問題で考えてみましょう。「片親」のレッテルに貼られている様な気持ちが芽生えていまったら要注意だと思います。「イジメをしてしまう側」・「イジメを受けてしまう側」、立場は正反対になったとしても、被害者は子供達です。肝心なのは彼らが話しを飲み込めそうなタイミングで、離婚してしまったきっかけや死別してしまったきっかけを、子供達にする事が大切だと思います。(切実)

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事