文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

2件 のコメント

コメントを書く

貞淑な女性だと思っていました

四朗

家柄よいと言われた家の娘とお見合いで結婚しました。お見合いしてから、毎週日曜日にデートを重ね、二人とも教師でしたので、話題は子どものことばかりでした。一ヶ月後に、仲人に結婚したい旨を伝えました。その後も、結婚後の話は出ないまま過ごしていました。二ヶ月後のある晩、喫茶店に入ると、彼女は「きょうは家に帰りたくない」と言います。彼女の母親は10年以上前に他界し、継母と一緒に生活していたので、継母と上手く行ってないのだろうかと思いました。しかし、それは見当違いなことでした。彼女は突然私の手を取り、彼女の胸に押し当てたのです。「からだぐらい触って欲しかったの」と、小声で言いました。私は、彼女の気持ちをおもんぱかっていなかったのです。私は彼女を抱きしめ、何回も謝りました。式を挙げるまで、何もしない方がよいのではと、大きな間違いをしていました。

違反報告

机の角で

やすお

当時、六年生の担任でした。記事にあるように、女の子が机の角に股間を擦りつけているのを見ました。両足をぴんと伸ばして、顔は紅潮しています。周囲の子は全く気づいていませんでした。家庭訪問の折、見たことを母親に告げ、「決して叱らない。行為を見たときは、仕事などを頼み、気をそらす」ように説明しました。母親はうろたえましたが、多かれ少なかれ誰もが経験することですが、身体を傷つけないようにと、話しました。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。