文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

明るい性の診療室

妊娠・育児・性の悩み

性の喜びのために、女性こそ「必修」としては

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

大川玲子(婦人科医)

 「マスターベーション。男子必修 女子選択」

 ある男子高校の保健の先生がこう語ったそうです。だいぶ前のことですが、男子にとっては安心や肯定感を得られたことでしょう。女子選択、というのも当時としてはなかなかリベラルであります。

 今回の主題は女性のマスターベーション(自慰)のススメです。理由のひとつ目は一人で楽しめ、誰かを傷つけることがない点です。相手を気にせず練習もできます。ふたつ目は、性的快感を体験する安全な方法で、健康被害は起きない点です。

男女で体験に差

 米国の性科学者ミルトン・ダイアモンドが20世紀後半に書いた書籍によると、男性は20歳くらいまでに90%以上が自慰を体験します。女性は幼児期に体験する人が少しおり、性交体験などを通じて徐々に増え、40歳くらいまでに60%程度に達します。

 筆者が1995年に大学生に行った調査では、自慰の体験を持つのは男子で98%、女子31%でした。男女差がとても大きいことが分かります。調査では性交の経験も聞いており、男子31%、女子47%で、自慰と性交体験との関係も男女に違いがあるようです。

 調査では、自慰のきっかけを質問しましたが、女子の多くが「性交体験から」で、本や友達からの情報はわずかでした。今ではインターネット上にあふれる情報をきっかけに自慰を体験する女性は増えているかもしれません。

 今井伸先生が5月中旬のコラムで、インターネットを通じての情報が、男性にとって性的な興奮に望ましくない影響を与えている可能性を指摘しており、女性も受け取る情報の取捨選択が必要と思われます。

気分を盛り上げる幻想も練習に必要

 男女どちらも自慰の体験は二人で性行為(セックス)をするための基礎的な練習になります。女性では、快感体験、オルガズム体験をして自分のからだを知っておくと、相手に好みを伝え、性行為を楽しむことができるでしょう。

 自慰は、性反応がうまく起こらない性機能障害の解決の糸口になるでしょう。ただ、「さて、やってみよう」と思っても簡単ではないのは、男子では、今井先生が6月下旬のコラムで回顧談を書かれた通りです。女子はもう少し複雑です。

 私は性的快感を得られずセックスが苦痛という女性に、外来で自慰の指導をしています。女性の自慰の基本は「クリトリスへのソフトなタッチ」となります。クリトリスは女性の体で最も性的に敏感な器官であり、練習によってほぼ確実にオルガズムを得られるようになります。

 小さな女の子が偶然家具の端などに性器があたって、不思議な感覚を体験し、自慰を覚えることは知られています。ですが、性への羞恥心を身につけた女性が、一人寝室でオイルやゼリー剤などを使って性器をタッチしても、性的な快感やオルガズムを得られるとは限りません。気分を盛り上げる性的な幻想をいっぱいに抱きながら、繰り返し練習することが求められます。

 性的刺激に敏感な部位はクリトリス周辺に広がっています。直接触れられて刺激が強いと感じる場合は、周辺からや下着の上から触れるほうがうまくいく場合もあります。振動を起こす機器のバイブレーターは指に比べてやや強い刺激なので、応用編とすると楽しみ方が広がるように思います。

一度体験できれば次は容易に

 女性には、男性の射精のようなオルガズムの明確な指標がありません。このため分かりにくさはあるのですが、一度「これがオルガズムだ」と体験できれば、次に快感を得ることは難しくありません。

 近年、解説書も出回っているようです。少し古い本になってしまいますが、「ハイト・リポート」(シェアー・ハイト、石川弘義訳、パシフィカ)が参考になります。女性の性に関する調査報告書で、多くの女性の自慰の体験が詳しく書かれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

akaruisei_eye

明るい性の診療室
大川玲子先生

大川玲子(おおかわ・れいこ)
千葉きぼーるクリニック婦人科医師
 1972年、千葉大学医学部卒業。同大助手、国立病院機構千葉医療センター(旧国立千葉病院)産婦人科医長などを経て、2013年から現職。日本性科学会理事長、NPO法人千葉性暴力被害支援センターちさと理事長。

今井伸(いまい・しん)
 聖隷浜松病院リプロダクションセンター長、総合性治療科部長
 1997年、島根医科大学(現・島根大学)卒業。島根大学助手、聖隷浜松病院泌尿器科主任医長などを経て、2019年4月から現職。日本性科学会幹事、日本性機能学会評議員、日本泌尿器科学会指導医、島根大学臨床教授。

明るい性の診療室の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

貞淑な女性だと思っていました

四朗

家柄よいと言われた家の娘とお見合いで結婚しました。お見合いしてから、毎週日曜日にデートを重ね、二人とも教師でしたので、話題は子どものことばかりで...

家柄よいと言われた家の娘とお見合いで結婚しました。お見合いしてから、毎週日曜日にデートを重ね、二人とも教師でしたので、話題は子どものことばかりでした。一ヶ月後に、仲人に結婚したい旨を伝えました。その後も、結婚後の話は出ないまま過ごしていました。二ヶ月後のある晩、喫茶店に入ると、彼女は「きょうは家に帰りたくない」と言います。彼女の母親は10年以上前に他界し、継母と一緒に生活していたので、継母と上手く行ってないのだろうかと思いました。しかし、それは見当違いなことでした。彼女は突然私の手を取り、彼女の胸に押し当てたのです。「からだぐらい触って欲しかったの」と、小声で言いました。私は、彼女の気持ちをおもんぱかっていなかったのです。私は彼女を抱きしめ、何回も謝りました。式を挙げるまで、何もしない方がよいのではと、大きな間違いをしていました。

つづきを読む

違反報告

机の角で

やすお

当時、六年生の担任でした。記事にあるように、女の子が机の角に股間を擦りつけているのを見ました。両足をぴんと伸ばして、顔は紅潮しています。周囲の子...

当時、六年生の担任でした。記事にあるように、女の子が机の角に股間を擦りつけているのを見ました。両足をぴんと伸ばして、顔は紅潮しています。周囲の子は全く気づいていませんでした。家庭訪問の折、見たことを母親に告げ、「決して叱らない。行為を見たときは、仕事などを頼み、気をそらす」ように説明しました。母親はうろたえましたが、多かれ少なかれ誰もが経験することですが、身体を傷つけないようにと、話しました。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事