文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

サバとゴーヤみそあえ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、魚をおいしく食べられるレシピ「サバとゴーヤみそあえ」のご紹介です。

 サバといえばジューシーで脂のうま味が強い魚です。その強さ故に「箸休め」が欲しくなるのも事実。そこでこのレシピがぴったりなのです。

 ゴーヤの夏を感じる苦み、それを和らげてくれるのが甘味の強い金山寺みそです。焼き立てのサバと一緒に食べればその相性のよさに感動します。

 さて、そんなゴーヤですが、苦み成分であるモモルデシンが胃液の分泌を促し、食欲を増進させてくれます。ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウムなども豊富に含まれており、夏バテ解消にぴったりの野菜です。

 サバの持つ良質な脂は、日々を元気に過ごす力があります。さらにゴーヤが加われば、なお良いです。ぜひおいしい魚料理を楽しんでください。

[作り方]

(1) サバは魚焼きグリルでこんがりと焼いておく。

(2) ネギはみじん切り、ゴーヤは中綿をくりぬいてスライスにする。

(3) フライパンを中火で熱し、ゴマ油を大さじ1入れて、ネギとゴーヤをいためる。火が通ったら、残りのゴマ油大さじ2と砂糖とみりん、金山寺みそを入れてなじませて、サバの横に盛り付けて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事