文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

8件 のコメント

コメントを書く

いつか辞めれなくなる

ハル

いつかやめれなくなるから、みんな気を付けて。大事なのは自分の意見。

違反報告

バツ印

砂糖

私はリスカを何度となくやってきました。それがクラスメートにばれて、理由を聞かれました。「理由なんかあなたに分かんないよ」と言うと、クラスメートは自分の腕を見せて、「俺も」と言いました。その後、お互いの悩みをぶちまけて、お互いの傷痕にバツ印を書き合いました。これをした後から、安定剤の量は増えたけれど、リスカはもうしてません。

違反報告

めちゃくちゃわかります……

#らの

実は私もリスカをして3年になるのですが、親にはまだばれていません。ですが、いつかばれるような気がして、ビクビクしながら日々を過ごしています。そろそろ夏ですし、半袖になっていくとどうしても隠せなくなってきます。浅い傷ならまだしも、なぜか私、緊張して力が入って深く切ってしまうのです。友達に一回ばれましたが、「どうしたの!?」と言ってくれて、その理由を話したのです。そうしたら、泣きながら「ごめんね…何もしてあげられなくて…ごめんね…」と言ってくれたのです。世の中にはこういう優しい人もいるのだって、初めて気づくことができました。皆さんもそんな人と出会えるといいですね!

違反報告

友達がやってました

4040

今日学校に行ったら友達が「リスカした」って言っていました。「実は私もしている」って言えなくて、気分を晴らすためにやっていたらばれました。ごまかしたけれど今後が心配です。

違反報告

わかります

ゆき

僕も、少し前からリスカをしています。それも、死にたくてしている訳ではないんです。心を落ち着かせるためです。多分、自分でもよくわかってないんですが、そうだと思います。知ってる人はあまりいなくて、僕は独りで抱えてしまうところがあって、バレた時、すごく怖くて…どうすればいいのか分からずにいます。

違反報告

解る部分と解らん部分…

ハーマー

〝生きたいから切る〟は解る気がします。昔の自分もそうでした。
今は幸いにも切らずに3年目になってますが…。
〝痛いから─〟と云う部分が理解出来ません。
痛い事が嫌なら相当浅い傷でしょうし…、
〝生きたい、死にたい〟以前に
只『かまって欲しい』『心配して欲しい』では…?
心配して下さる方が傍に居らして下さるだけで
充分幸せな生活だと思います。

違反報告

10年

さと

薬飲依存にならないように飲んでました。
ハルシオンとか、デパプ類12種類飲んでました。おかしくなって、運ばれ、一週間、精神病棟に移動?鍵つきでいやになって、母に手紙書いて…

精神科の薬はちゃんと聞いてくれて、数少なく頂いた方がいいと思います。
個人意見です。リスカはまだしたいです。

違反報告

常識の外側にある合理性と共依存の連鎖

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

死にたくないから手首を切る。
この文脈は常人の理解の外側でしょう。
精神科救急と一般救急を繋ぐ問題の大きなテーマでもあります。
一方で、ある程度勉強するとその合理性も分かります。

自分の中の衝動を抑えるための疼痛、生きている実感の為の疼痛、通常の言葉や行為で表現できないものを表現するための自傷行為。
習慣化や他の行為と融合すればもっと難解になります。
それは甘えだとか、生きたくても生きられない人もいるのにとか言う人もいるでしょうが、その程度の勉強もしたことがない人の方が甘いのではないかと僕は思います。
これは、多分、常識とか、心の温度差の問題でしょうね?

精神科や心療内科の教科書には様々な奇異な病気が載っています。
一言で言えば、個人や社会との適応障害やストレスの影響ばかりですが、亜型も含めて、一歩間違えば自分もそうなってもおかしくなかったなと思うこともあります。
過敏性腸症候群だけじゃなくて、一部の不眠や胃潰瘍なんかもそうですからね。

患者本人だけの生きる理由として、子供が生まれたのはとりあえずよかったですが、結局過保護になりそうで、共依存の魔力を感じます。
命を粗末にするのはいけないけど、大事にし過ぎてもいけない、ひどく難しい矛盾の中に人生があるということがわかります。
進学校とか、医学部も、偏った家庭は多いので、いつ気付いて自立するが正解か難しいという問題がそこにはあります。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

returnスマートフォン版に戻る