文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

コラム

「死にたくないから切ってる」…リストカットを繰り返す24歳女性 「かまい過ぎる母」からの脱出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「先生、またやっちゃいましたぁ~」

 T美さんが心療内科の外来をおとずれた。軽いノリで言ってくるので、あまり緊張感がない。

 「どれどれ、見せてみなよ」とのぞき込むと、左手首に新しい切り傷があった。「いつも通り、浅いから大丈夫そうだね」と確認する。

 「前にバイキンが入っちゃってひどい目にあったから、気をつけてるんですよ~」

 と相変わらず、のんびりした口調で返してきた。

イラスト:奥山裕美

「ちょっと痛いけど、イヤな気持ちがスッと」

 T美さんは24歳の女性。診断は「不安症」だ。

 時々強い不安に襲われてパニックになる。最初に受診したのも、「過換気発作」だった。「急に空気が薄くなった気がして、あわてて息を吸うんだけど、どんどん苦しくなって救急車呼んじゃった」ということだった。

 軽い抗不安薬を持ち歩くことで、「また発作が起きても大丈夫」と安心できるようになり、発作の頻度は減った。

 次に問題となったのは「リストカット」だった。

 「これ、何とかならないですかねぇ?」と相談を受けた。10代の後半からずっとクセになっているという。最初は、気持ちがムシャクシャしてどうしようもないとき、リストカット経験者の友だちが話していたことを思い出して、恐る恐る切ってみた。

 「ちょっと痛いけど、イヤな気持ちがスッとした。これやってれば、とりあえず大丈夫!そう思えたんです」

リスカの世界もいろいろあって…

 そのうち回数が増えてきた。

 「何かキツいことやつらいことがあると、気持ちが高ぶってキレそうになるんです。頭の中がわーっと真っ白になってくるとき、まずはサクッと切って気持ちを落ち着ける」

 そんなパターンにはまってしまった。

 「リスカ友だちに聞くと、だいたいみんな、左手首を切ってますよね。右利きだと切りやすいし、手首は隠しやすい。まぁ、夏も長袖で通すのはつらいんですけどね……。手の甲は痛いし、目立つからあまり切らない。縦に切る人もいるけど、やってみたら痛かった。目立たないように舌を切る人もいるけど、なんか痛そう。リスカやる男のコは一人だけ知ってる。女のコみたいなヤツだった……」

 リスカの世界もいろいろとあるようだった。

 「今は、軽い安定剤で何とかしのいでよ。心配なことがあったら、いつでも相談に乗るから」

 と、こちらも軽い口調で返事をしていた。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)
 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

10年

さと

薬飲依存にならないように飲んでました。 ハルシオンとか、デパプ類12種類飲んでました。おかしくなって、運ばれ、一週間、精神病棟に移動?鍵つきでい...

薬飲依存にならないように飲んでました。
ハルシオンとか、デパプ類12種類飲んでました。おかしくなって、運ばれ、一週間、精神病棟に移動?鍵つきでいやになって、母に手紙書いて…

精神科の薬はちゃんと聞いてくれて、数少なく頂いた方がいいと思います。
個人意見です。リスカはまだしたいです。

つづきを読む

違反報告

常識の外側にある合理性と共依存の連鎖

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

死にたくないから手首を切る。 この文脈は常人の理解の外側でしょう。 精神科救急と一般救急を繋ぐ問題の大きなテーマでもあります。 一方で、ある程度...

死にたくないから手首を切る。
この文脈は常人の理解の外側でしょう。
精神科救急と一般救急を繋ぐ問題の大きなテーマでもあります。
一方で、ある程度勉強するとその合理性も分かります。

自分の中の衝動を抑えるための疼痛、生きている実感の為の疼痛、通常の言葉や行為で表現できないものを表現するための自傷行為。
習慣化や他の行為と融合すればもっと難解になります。
それは甘えだとか、生きたくても生きられない人もいるのにとか言う人もいるでしょうが、その程度の勉強もしたことがない人の方が甘いのではないかと僕は思います。
これは、多分、常識とか、心の温度差の問題でしょうね?

精神科や心療内科の教科書には様々な奇異な病気が載っています。
一言で言えば、個人や社会との適応障害やストレスの影響ばかりですが、亜型も含めて、一歩間違えば自分もそうなってもおかしくなかったなと思うこともあります。
過敏性腸症候群だけじゃなくて、一部の不眠や胃潰瘍なんかもそうですからね。

患者本人だけの生きる理由として、子供が生まれたのはとりあえずよかったですが、結局過保護になりそうで、共依存の魔力を感じます。
命を粗末にするのはいけないけど、大事にし過ぎてもいけない、ひどく難しい矛盾の中に人生があるということがわかります。
進学校とか、医学部も、偏った家庭は多いので、いつ気付いて自立するが正解か難しいという問題がそこにはあります。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事